ここから本文です

【アカデミー賞2020まとめ】これだけは知っておきたい 授賞式で見逃したかもしれない瞬間5

2/12(水) 19:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

3時間以上も時間を作って、アカデミー賞の授賞式の録画を見直すことなんてできない! そんな人たちに代わって、私たちが授賞式を視聴してみた。あなたが見逃したかもしれない、すばらしい瞬間の数々をチェックしてみて。

【写真】夫婦、友達、同士...2020アカデミー賞でキャッチしたHOTカップル16

1:クリス・ロックとスティーブ・マーティンが、ジェフ・ベゾスにジャブをかます!?

今年の第92回アカデミー賞でも司会者はいなかったが、クリス・ロックとスティーブ・マーティンがジョイントでオープニング・モノローグを存分に楽しんだ。まずは、会場にいたアマゾン創業者ジェフ・ベゾス本人を目がけて、アマゾン・スタジオの『レ・ミゼラブル』(2012)が『パラサイト 半地下の家族』を破って国際長編映画賞を獲得できるかどうか見てみようと、ジャブを発射。正直私たちはメーガン妃とヘンリー王子に来てほしかったのに……

「ジェフ・ベゾスが来てます」と、ロック。するとマーティンがどういう人なのか知らないようなフリして返答。「あぁ、すばらしい俳優ですね」

さらにロックが続ける。「ジェフ・ベゾスはすごい金持ちで、離婚したのに、それでも世界一リッチなんだ。『マリッジ・ストーリー』(2019)を観て、コメディだと思ったらしいよ」

ベゾスは固く閉じた唇を開けて、笑っていた。「スティーブ、ベゾスさんに何か言いたいことはある?」と、ロック。

「ないね」と、マーティン。「荷物が時間通りに届けば僕はハッピー」

2:ブラッド・ピットが受賞スピーチで涙目に

今年の賞シーズン、ピットは次から次へと授賞スピーチでうんざりするほど親父ギャグをかましていた。が、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の演技で助演男優賞という、アカデミーの演技部門では初めての賞を授賞すると、スピーチは感傷的なトーンに変わった。

「僕は過去を振り返るタイプではありませんが、この賞はそんな気持ちにさせて、両親が『明日に向かって撃て!』をドライブインシアターに観に連れて行ってくれたことや、車にいっぱい物を詰め込んでここに引っ越してきたこと、ジーナ(デイヴィス)とリドリー(スコット)が初めての役をくれたこと、これまでに出会ったすばらしい人たちのことを考えています」と、彼。「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド、そのものです」

それから彼は、アンジェリーナ・ジョリーとの間の6人の子供たちに感謝。「この賞は、僕のすることすべてに影響を与えてくれる子供たちに捧げます。キミたちのことが大好きだよ」と、語った。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 19:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ