ここから本文です

アカデミー受賞『パラサイト』 ポン・ジュノ監督を支えた二人の翻訳者とは

2/12(水) 18:07配信

ニューズウィーク日本版

アカデミー賞史上初、外国語映画で作品賞を受賞した話題作の大ヒットには、エンドロールにクレジットされていない二人のサポートがあった

2月9日の夜、第92回アカデミー賞授賞式が行われた。粒ぞろいの素晴らしい作品がノミネートされた中、注目を浴びていたのは韓国映画『パラサイト 半地下の家族』だった。ここに来るまで、カンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールや、ゴールデングローブ賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞など名だたる映画賞の主要タイトルを総なめにしてきたこの怪物作品。今回6部門でノミネートされたアカデミー賞では一体どれだけ受賞することができるのか、韓国映画、いやアジアの映画史上初めての出来事に、多くの人が固唾をのんで受賞式を見つめたはずだ。

[動画] 映画の中で出てくる「ジャパグリ」のレシピ

結果は、皆さんもうご存じのことだろう。確実に取るだろうと言われていた国際長編映画賞はもちろん、監督賞、作品賞、脚本賞の4つの栄冠に輝いた。今年で101年となる韓国の映画史を塗り替えたのはもちろんのこと、外国語映画(非英語作品)がアカデミー賞作品賞を受賞したのは、92年の歴史上初の快挙である。

このように、韓国から世界の人々へ『パラサイト』という素晴らしい作品が伝わり、認められるようになったのは、監督、俳優、多くのスタッフの力はもとより、この作品にかかわったすべての人々のおかげだ、今回は、そんな影の立役者を紹介したい。

<CNNも認めたポン・ジュノ監督の「アバター」>

映画「パラサイト」が世界から注目されるようになるにつれ、海外の映画祭はもちろん、舞台挨拶やTV番組にも出演することが多くなったポン・ジュノ監督。彼の出演が増えるたびに同じように注目を集めるようになっていったのが、もはやポン・ジュノ監督専属ともいえる通訳担当のシャロン・チェ(韓国名チェ・ソンジェ)さんだ。

ボン・ジュノ監督が、彼女のことを「ほぼ自分のアバター」だと称するほど、韓国語で話す監督の意思をより的確に通訳している。今回のアカデミー賞授賞式でも、監督の横にぴったりと連れ添い、脚本賞、国際長編映画賞、監督賞、作品賞と4度も舞台に上がり、世界の名だたる映画人たちを前にしても臆することなく堂々とした通訳ぶりで注目された。

韓国のネット上ではすっかり有名人となったシャロン・チェさんは、若干24歳。去年5月に行われたカンヌ映画祭からポン・ジュノ監督の通訳として参加し、その後、監督と一緒に世界を飛び回っている。アカデミー賞作品を受賞したポン・ジュノ監督が「明日の朝までお酒飲みまくる準備はできた」とスピーチすると、授賞式のニュースを報じたCNNは「とてもよく頑張った通訳のチェさんにも飲ませてあげてくださいね」と付け加えて話題となった。

1/3ページ

最終更新:2/12(水) 19:07
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事