ここから本文です

花粉やPM2.5、ウイルスetc.をガードするコスメ、塗るのとスプレーどちらが効果的? プロが解説!

2/12(水) 21:43配信

集英社ハピプラニュース

花粉、PM2.5、ほこり… 浮遊する刺激から守る

季節の変わり目などに肌がざわつくのはなぜ?「MAQUIA」3月号では、不調に陥りがちな春先の肌ケアについて、プロが正しい知識を伝授。外的刺激から肌を守るためのポイントを教えます。

◆花粉やほこり、PM2.5からも守ってくれる最新日焼け止め

Q 外的刺激をブロックするスプレーの上手な使い方を知りたい

A ベースメイクの仕上げに適量を
「外的刺激から肌を守る効果を最大限に発揮させるには、ベースメイクの仕上げとしてお手入れの最後に適切な量をムラなく均一にスプレーすると○」(菊田さん)

ひと吹きで花粉、ウイルス、PM2.5をまとめてブロック。イハダ アレルスクリーン EX 50g ¥900(編集部調べ)/資生堂薬品

Q 花粉やPM2.5をガードするコスメ、塗るのとスプレー、どっちが効果的?

A どちらも効果アリ
「どちらも外的刺激をブロックする効果は同じなので、使いやすい方を選ぶといいでしょう。併用する場合は、製品の用法に従ってください」(菊田さん)

今年はスプレーや塗るタイプも優秀!(右から)4種の植物成分配合。アレルテクト スプレー 50g ¥850(編集部調べ)/コーセー 透明バリアと擬似バリア、ふたつの膜で肌を守る。フイルナチュラント エクスバリア スキンプロテクト スプレー 70g ¥1200/ドクターフィル コスメティクス ブルーライトもカット。イーブン ベター シティ ブロック アクア ジェル 45 SPF45・PA+++ 30ml ¥5500/クリニーク(2/7発売) 均一膜で肌をガード。アベンヌ アーバンプロテクション UV フェイス&ボディ SPF50+・PA++++ 40ml ¥2800(編集部調べ)/ピエール ファーブル ジャポン(2/21発売)

Q 外的刺激をブロックするにはどうすれば?

A トラネキサム酸やレチノール配合のコスメで肌に膜を
「抗炎症作用のあるトラネキサム酸や抗酸化作用のあるレチノールなどが配合されたものを塗って膜を作っておくと、刺激物を防御しつつ炎症も抑えてくれるので一石二鳥」(慶田先生)

(右)ひと塗りでパッと明るく。トランシーノ薬用 ホワイトニングCCクリーム(医薬部外品)SPF50+・PA++++ 30g ¥2600(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア(2/10発売)(左)バリア機能を高めながらくすみ知らずの肌に。サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート SPF50+・PA++++ 25g ¥4500/ディセンシア


【お話を伺ったのは…】
●銀座ケイスキンクリニック 院長 慶田朋子先生
「切らないハッピーリバースエイジング」を叶える美容皮膚科として患者から厚い支持を集めている。多方面で活躍中。

●資生堂 グローバルイノベーションセンター 研究員 菊田雅之さん
季節や寒暖差などでゆらぐ肌をケアする製品開発や、大気汚染を寄せ付けないシールド技術の情報開発などに携わっている。


MAQUIA 3月号
撮影/天日恵美子(モデル) ヘア&メイク/藤本 希〈cheek one〉 スタイリスト/立石和代 モデル/黒澤はるか イラスト/沼田光太郎 きくちりえ〈Softdesign〉 取材・文/関本陽子 企画・構成/高橋美智子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

最終更新:2/12(水) 21:43
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ