ここから本文です

本田圭佑の契約にボタフォゴファンは落胆。 待ち受ける厳しい現実と希望の光

2/12(水) 17:00配信

webスポルティーバ

本田圭佑獲得の第一報から、リオデジャネイロ到着までの、ボタフォゴサポーターの盛り上がりは近年まれに見るすごさだった。

【写真】東京五輪への意欲を語る本田圭佑

 平日の昼間だというのに、空港には2000人以上のサポーターが詰めかけた。翌日、ホームスタジアムで行なわれたプレゼンテーションイベントにも、1万人を超えるサポーターがかけつけた。この日のためにビール会社は本田の顔が描かれたビールの缶を徹夜で製造。本田を歓迎する歌までもが作られた。

"多くのカップに多くのトロフィー、本田がいればコロナウイルスも心配ないさ、アリガト、サヨナラ、オブリガード本田!"

 ......しかし、お祭りは永遠には続かない。いつか現実に戻る時が来る。だがそれにしても、今回はあまりにも早すぎた。

 リオに到着してから72時間もたたないうちに、本田は厳しい現実に直面した。

 9日、本田が観戦した初めての試合で、ボタフォゴは同じリオにあるライバルチーム、フルミネンセ戦に3-0で完敗した。その結果、カンピオナート・カリオカ(リオ州選手権)の準決勝進出を逃してしまったのだ。

ボタフォゴサポーターは自チームに激しいブーイングを浴びせ、試合後アルベルト・ヴァレンティン監督は解任された。ヴァレンティンは昨年の10月に就任、昨シーズンは、どうにかチームをカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部残留に導いたが、今シーズンは開幕から不調を止められなかった。

 その日の夜中には、クラブの外壁はサポーターからの怒りのメッセージで埋まった。そこには更迭された監督のみならず、会長をはじめとしたチーム幹部のふがいなさを非難する言葉が広がっていた。さらに、彼らの怒りの矛先は、いいプレーができない選手たちにも向けられ始めている。まだ新シーズンは始まったばかりだというのに......。

 こうなると、本田の加入にも疑問を持つ者が増えてくる。新聞やネットには毎日それに関する記事が上がっている。

 特に本田の契約のあり方に首をかしげる者は少なくない。本田の契約は2020年の12月までとなっているが、「オリンピック代表に選ばれた場合は、その前に契約解除してもかまわない」という条項が盛り込まれていると報道されている。結局、本田は東京オリンピックに出るための"つなぎ"のつもりでボタフォゴに来たのではないか。そう疑われても仕方ない契約だ。

1/2ページ

最終更新:2/12(水) 23:52
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ