ここから本文です

「カレー王国」無印良品の人気カレーを食べ比べ!

2/13(木) 17:51配信

MonoMax Web

ランキング上位の人気カレーを実食!

ここ数年はカレーブーム。グルメ雑誌などでも季節を問わず特集が組まれ、人気店にはつねに行列ができています。そんなカレーブームの中、レトルトカレーにも本格的なスパイスカレーが次々と登場しています。こうしたレトルトのスパイスカレーブームの火付け役といわれているのが、無印良品です。

日用品から家具、家電など、圧倒的な品揃えを誇る無印良品のアイテムですが、中でも絶大な人気を誇っているのがレトルトカレーです。ラインナップは30種類以上もあり、欧風カレーからインドカレー、タイカレーなどバリエーションも豊富。しかもスパイスにもこだわったその本格的な味わいは、高い評価を獲得しています。

無印良品のカレーは、とても種類が多く、店頭でパッケージを見ても多すぎて迷ってしまうほど。そこで無印良品が2019年に行った人気投票をもとに、上位にランキングされたカレーを食べ比べてみました。

堂々の1位はバターチキンカレー

バターチキンカレーは2009年にはじめて登場し、2019年には発売10周年を迎えた定番アイテム。とはいえこの10年の間に、何度もブラッシュアップし不動の人気を誇ります。

トマトの酸味とバターのリッチなまろやかさがバランスよくマッチし、そこにピリッとしたスパイスも感じられます。食べるとほろほろになるほど柔らかい大きめチキンの存在感もあり、とても完成度が高いカレーです。誰が食べてもおいしいというまさに王者のカレーでしょう。

また、2019年には発売10周年を記念し、数量限定で発売当初のバターチキンカレーが発売されました。発売当初のカレーはスパイスカレーよりは、欧風カレーに近い見た目と味です。これはこれでおいしいですが、食べ比べてみるとこの10年で確実に進化したことを感じさせます。

2位は辛さも味も本格的なグリーンカレー

第2位は、本格的なタイの味が楽しめるグリーンカレー。青唐辛子やレモングラスの風味の利いた香り高いルーには、ふくろだけやタケノコも入っている本格派。辛さの中にほのかに感じるココナッツの甘さがこくのある味に仕上げています。辛さレベルは上から2番目なので、かなりの辛さを感じますが、グリーンカレーといえば無印というファンも多い逸品です。

1/2ページ

最終更新:2/13(木) 17:51
MonoMax Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ