ここから本文です

【こんなに違うバレンタイン事情】パートナーがいるならアメリカ式、募集中なら日本式がいいかも!?

2/13(木) 12:07配信

Suits-woman.jp

いよいよ2月14日が近づいてきました。今年はどんなバレンタインデーを計画していますか?

実はバレンタインデー、日本では意中の男性にチョコレートを渡して愛の告白をする日として知られていますが、アメリカでは男女関係なく「愛を伝える日」とされているって知っていますか? 実際にアメリカでは、男性から女性へプレゼントが贈られるのが主流のようです。そこで今回は日本と異なるアメリカのバレンタイン事情をお話しましょう。

男性から女性へ、花、カード、キャンディーを渡すのが主流

アメリカでは、クリスマスが終わるとすぐにデパートやスーパーマーケットなどのお店でバレンタインコーナーが設置され、たちまち街中がバレンタインモードになります。バレンタインギフトとして選ばれるのは、花、カード、キャンディー(チョコレート)などの甘いお菓子類。この時期になると、お店にはたくさんのバレンタイン用のメッセージカード、花束、チョコレート、お菓子、ぬいぐるみ、風船、シャンパン、ジュエリーなどが並びます。

これらのギフトは、男性から女性へ、特に夫から妻へ、彼氏から彼女へ渡すのが主流のよう。もちろん女性から男性へあげてもいいし、親しくしている友人同士や子ども達に配る人もいます。

また、花やカード、お菓子などのギフトを渡す以外に、素敵なディナーをするという人も多いようです。レストランを予約したり、家でゆっくりロマンチックな食事を楽しむ人が多いため、この日は早めに仕事を切り上げる人が多いのです。

ホワイトデーはなし。義理チョコ文化もなし

アメリカにホワイトデーは存在しません。実はこの習慣は日本独自のもの。そのためアメリカでは、バレンタインデーでプレゼントをもらったとしても1か月後にお返しをする必要は全くないのです。

またバレンタインデーは「愛を伝える日」なので、社内や学校でチョコを配るような義理チョコ文化はありません。好きでもない人に何かを渡すくらいなら、その分愛するパートナーにお金をかけるという習慣のようです。中には日頃の感謝を込めてお菓子を配る人もいるようですが、それはあくまでも義理ではないそうですよ。

ちなみに義理チョコ文化はないのですが、友チョコ文化はあるようです。なんと小学校ではクラスイベントとして全員にギフトを配る習慣があるのです。

1/2ページ

最終更新:2/13(木) 12:07
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ