ここから本文です

メルカリで不用品を売って年10万円。貯める人のアプリ活用術

2/13(木) 21:01配信

ESSE-online

いまや、スマホアプリは貯蓄ツールのひとつともいえるほど。エッセ読者にアンケートをとったところ、貯めてる人こそ、アプリを駆使して効率よく貯蓄に励んでいました。気になるその使い方を紹介!
ファイナンシャルプランナー・前野彩さんと、消費経済ジャーナリスト・松崎のり子さんからのアドバイスも必見です。

メルカリで売れた意外なものとは?使用期限ぎれのグッズもこづかい稼ぎに

スマホアプリなら面倒な家計管理がウソみたいにラク!

貯めた人が家計管理に活用していたのがスマホアプリ。
「家計簿アプリは、口座やクレジットカード、ポイントカードも登録でき、家計の全体像が一覧で見られるのが最大のメリット。レシートを撮影すれば記録してくれるなど、手書きの苦労からも解放されます。自分の使いやすいものを選んで、活用を」と前野さん。

年100万円超えの貯蓄をしているエッセ読者に聞いた、人気の家計簿アプリを紹介します。

●【Zaim】レシートを撮影するだけ!入力不要の気軽さが魅力

レシートを撮影するだけで費目別に分類し、記録する機能に定評が。月収や住居費など家計バランスから自動で予算を設定し、お金を使うたびに残高と1日に使える額が表示されるので、使いすぎ防止にも。

・スマホでつけてパソコンで分析。夫婦で家計管理するように
買い物したら、あき時間にスマホからすぐ入力。記帳や計算の負担がなく、気軽に続けられます。収支は、見やすいパソコンでチェック。大きな画面で一緒に見られるので、夫も積極的に家計管理を手伝ってくれます。(Mさん・東京都・40歳)

●【マネーフォワード】口座と連携させ、自動で記録してくれる

口座やクレジットカードを連携すると入出金が自動で更新され、食費などの現金支出と併せて家計簿を作成。予算設定が費目ごとにできるのも特徴。証券口座を登録すれば、投資信託やつみたてNISAの管理も。

・一度登録すれば入力の手間なし!続けやすい“時短家計簿”
クレジットカードを使うたびに自動で入力され支出額に反映されるので、レシートを見ながら手打ちする手間が省けます。おかげで家計管理が時短になり、常に支出を意識するので使いすぎなくなりました。(Iさん・東京都・49歳)

1/2ページ

最終更新:2/13(木) 21:01
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事