ここから本文です

40代女性がぶつかる壁。「明日死ぬかも」が大袈裟じゃない理由

2/13(木) 21:12配信

ESSE-online

更年期障害への不安、自分や周囲の人々の死、加齢する体と変わらない心…。
40代を迎えた女性には、若い頃には見えなかった“壁”の存在が立ちはだかると言います。

更年期にまつわる9つの真実。「夫と不仲だと悪化しやすい」はホント?

そんな“40代の壁”と向き合う女性たちを軽やかかつ暖かく描く話題の漫画『あした死ぬには、』。ここでは、自身も40代女性である作者の雁須磨子さんにお話を聞きました。

40代の「死んでもおかしくない」は30代とは全然違う…雁須磨子さんインタビュー

「この先いったいどうなるの…死ぬのも怖いが生きるのも怖い」。
そう胸の内でひとり呟くのは、「このマンガがすごい! 2020」オンナ編第3位にランクインした『あした死ぬには、』の主人公・本奈多子(ほんな さわこ)。

42歳を迎えた彼女は、夜中にいまだかつて経験したことのない体調不良に襲われたことで、急激に“死”とこれから先の人生を意識します。

●40代の壁を越えると体は元には戻れない

――本作では“40代の壁”がテーマの1つですが、その壁は具体的にどんなものなのでしょう?

「20代から30代になるときも壁の存在は感じましたが、40代になるときは本当に『不可逆!!』という感じがしました。

30代のころも、『痩せなくなるらしいよ』みたいな話はあったけど、まだ運動すれば大丈夫なところもありました。でも、40代はもう本当に肉体的には戻らないんですよね。

40代って壊れやすいんですよ。徹夜なんてしてしまったら、戻らないシワとかが一発でできる。視力だって回復しなくなるみたいな。
一度だけですが、自分も40代になってから不整脈になって、『もう死ぬかも、死んでおかしくないんだ』と本気で思いました。

でも、一方で死んでもいいように暮らしていこうと考えるようにもなったんですね。『今できることをやろう』と一生懸命になれる。20代や30代のころは、『もうちょっとあとでもいいや』みたいな気持ちでした。そういったことを、漫画として描きとめていけたらと思って始めたのが、『あした死ぬには、』です」

1/3ページ

最終更新:2/13(木) 21:12
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事