ここから本文です

日向坂46 丹生明里、“ガチゲーマー”な一面も? 知れば知るほど魅力深まるキャラクター性に注目

2/13(木) 13:16配信

リアルサウンド

 日向坂46冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京/以下、ひなあい)の2月9日放送回では「誕生日の春日をご機嫌に!30分まるごと丹生祭り」と題して丹生明里を掘り下げる企画がオンエアされた。これは、41歳の誕生日を迎えた番組MCの春日を祝うため、春日のお気に入りである丹生に関するタレコミ情報をメンバーが紹介するというもの。休日に家族で群馬のこんにゃく工場へ見学に行ったり、金村美玖を銀座の焼肉店に誘いサプライズで誕生日を祝うなどプライベートでも丹生らしいほのぼのエピソードが満載だった。そこで本稿では、さらなる注目が集まる彼女の新たな魅力を探っていきたい。

 彼女がみんなから愛される由縁は、天真爛漫さにある。可愛らしいド天然ぶり、大きなリアクション、そしていつもニコニコした表情……彼女のそういった言動はメンバーやファンにとっての癒しとなっていることだろう。また、裏表のないピュアな性格も魅力の一つで、あまりにも純粋が故に、齊藤京子による「どうして人間は丹生ちゃんの心を忘れていくのだろう」という名言も残されているほどだ。

 一方、変わり者な一面も。ダンスの練習時、上村ひなのが丹生にぶつかり謝ると一点を見つめ「ううん全然大丈夫! それより明里は違うことで頭がいっぱい」と囁いたり、音楽番組の歌振りで笑顔から突然真顔になり何かが憑依するエクソシスト現象が起こることも明らかに。こういった言動も「マイペース」と自称する丹生だからこその極限の自然なリアクションなのかもしれない。

 また最近の丹生は、有料トークアプリ「日向坂46 メッセージ」でゲーム実況動画のゲーマーとしても知られ始めている。潮紗理菜曰く「ご飯とも喋れる子」なだけに、1人喋りのゲーム実況との相性は抜群だ。特に自ら編集している『フォートナイト』の実況動画では、素直なリアクションでファンを魅了。ピュアな丹生が容赦無く敵を倒していくというギャップも然り、ビクロイ(バトルロイヤルで勝ち残り1位になること)をする腕前であることも面白い。3月8日には家系ゲーム番組『有吉ぃぃeeeee!』(テレビ東京)の出演も決定。そのガチゲーマーぶりはどう発揮されるのだろうか。

 丹生のキャラクター性に注目が集まるなか、4thシングル『ソンナコトナイヨ』に収録される二期・三期の新曲「君のため何ができるだろう」ではセンターに初抜擢された。東村芽依、金村美玖、河田陽菜とのユニット曲「Cage」では、大人の落ち着きを感じさせる歌唱を聴かせていたのが印象的だった丹生。彼女の先導により楽曲がどう色付いていくのかも興味深い。センターに抜擢されたことで、パフォーマンスにもより磨きがかかることだろう。

 知れば知るほどに新たな一面が見つかり“丹生明里”という人物の魅力は深まるばかり。今後も大きな飛躍をしてくれるであろう彼女に、期待は高まるばかりだ。

本 手

最終更新:2/13(木) 13:16
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事