ここから本文です

女子サッカーの指導は「超面白い!」 男子の“育成指導者”が新たな挑戦で学んだこと

2/13(木) 10:33配信

THE ANSWER

【“読売育ち”菅澤大我、気鋭コーチの育成論|第1回】日本代表選手も育てた菅澤監督、2018年にちふれASエルフェン埼玉の指揮官に就任

 菅澤大我は、気鋭の育成指導者として斯界では早くから名が響いていた。読売クラブ(東京ヴェルディの前身)で育ち、スクールでの指導から始めて2001年にはU-12日本選抜を指揮。やがて東京Vから名古屋グランパス、京都サンガF.C.、ジェフユナイテッド千葉、ロアッソ熊本の下部組織を渡り歩くなかで、森本貴幸(アビスパ福岡)、小林祐希(ワースラント=ベフェレン)、久保裕也(FCシンシナティ)、駒井善成(北海道コンサドーレ札幌)らの指導に携わってきた。

【動画】C.ロナウドもベイルも同じ蹴り方…足で蹴るのではなく「股関節で押し出す」 異色の指導者が極めた「絶対に“ふかせない”」シュート

 だが2018年に、一転なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)2部のちふれASエルフェン埼玉の監督に就任。昨年末の皇后杯全日本女子選手権では、準決勝で国内三冠の日テレ・ベレーザを相手に一歩も引かない互角の展開を披露(延長の末に1-2で敗戦)し、改めて指揮官としての辣腕ぶりを見せつけた。

 その菅澤が「女子の指導は、今、男子を見ている人たちも絶対にやったほうがいい」と力説する。

「今までなら怒鳴って済んでいたことが済まされない。男子とは思考回路が違う。少しでも論理性に欠けたら無視されます。話すことがすべて繋がっていかないと納得してくれません。おそらく多くの男子しか指導経験のない監督たちは、彼女たちから合格を出してもらえないでしょうね」

 最初は女子チーム監督のオファーに抵抗があった。2003年にSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行して、なでしこジャパン(日本女子代表)の海外遠征が取り止めになり、代わりに菅澤率いるヴェルディ・ジュニアユースの中学1年生男子チームがトレーニングマッチの相手を務めた。結果はヴェルディ・ジュニアユースの圧勝だった。

「『こっちは中1だぞ、(代表なのに)こんなに弱いの!』と驚きました。スピード感、テクニックも含めて面白くないし、この時の記憶が強烈に刷り込まれ、自分には女子(の指導)はないんだな、と思っていました」

 ところが実際に仕事を始めてみると「超面白い!」に変わった。

 もともと菅澤は“論理的であること”を意識し続けてきた指導者だった。それでも女子選手たちを前にして「発する言葉一つひとつで、どういう反応になるのか、凄く考えるようになった」という。

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 10:43
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ