ここから本文です

比嘉大吾、1年10か月ぶり再起戦で6回TKO勝ち 体重超過で資格停止処分、739日ぶり白星

2/13(木) 20:10配信

THE ANSWER

18年4月に体重超過で世界王座剥奪

 ボクシングの元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が13日、東京・後楽園ホールで1年10か月ぶりの再起戦となる119ポンド(53・98キロ)契約ノンタイトル8回戦に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)に6回2分25秒TKO勝ちした。2018年2月4日に故郷・沖縄で2度目の防衛に成功して以来、739日ぶりの勝利。体重超過による資格停止処分を経て、日本の誇るKO男がリングに帰ってきた。観衆は超満員の2005人が集まった。

【画像】男性ファン釘付け! 比嘉大吾の再起戦の最中に登場、その美貌は…「2R」を掲げる色白ラウンドガールをパシャリ

 久々のリングに上がると、大歓声が沸き起こった。比嘉は資格停止中も応援してくれた人に感謝を込めるように右拳を突き上げて応えた。初回は様子を見る展開。ジャブで距離を測りながら感触を確かめた。2回には左ストレートをもらい、ヒヤリとする場面も。しかし、3回には連打を浴びせてダメージを効かせた。左ボディーをお見舞いすると、後楽園ホールに鈍い音が響く。呼応するように大歓声が上がった。

 4回、左フックを何度も入れてロープ際に追い詰めた。相手が効いたとみるや、すぐさま追い打ちをかけて仕留めにかかる姿は健在。闘志を全面に出し、6回には右ボディーでダウンを奪った。再開直後にボディー、フックと連打を浴びせて2度目のダウンとなったところでレフェリーが試合を止めた。

 比嘉は18年4月にWBC世界フライ王座3度目の防衛戦の前日計量で、リミット50.8キロを0.9キロ上回る体重超過を犯して王座剥奪。試合は行われ、同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回TKO負けした。デビューから続いていた日本記録タイの15戦連続KO勝利もストップ。体重超過は国内の世界戦では日本人初の失態となり、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止などの処分を受けていた。

 一度は引退を考えたが、階級を上げることなどを条件として昨年10月にJBCの処分が解除された。1年10か月ぶりとなった試合の前日計量は、笑顔で冗談を飛ばすなど余裕があり、リミットを0.1キロ下回る53.8キロで一発クリア。スーパーバンタム級(55.3キロ)に相当する試合で白星を掴み取った。

 現在はWBC世界バンタム級7位にランク入りしており、陣営は年内の世界再挑戦を目指す意向を示している。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/13(木) 22:01
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事