ここから本文です

「インチ単位で完璧」 神戸イニエスタ、別格の超絶アシストに世界驚愕「魔法が導いた」

2/13(木) 19:10配信

Football ZONE web

ACL初陣で3ゴールを演出したイニエスタ「ヴィンテージ劇場」

 ヴィッセル神戸は12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ開幕節でジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と対戦し、ホームで5-1と圧勝。アジアの舞台で初勝利を収めた。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは2アシストを含む3ゴールを演出したが、海外メディアもこぞって賛辞を送っている。

【動画】芸術的なタッチに高精度パスも… 神戸イニエスタ、ACLデビュー戦で華麗な2アシスト

 神戸は元日に行われた天皇杯決勝を制し、クラブ初のタイトルを獲得。ACL出場権を手にした。アジアの舞台の初陣では4-3-3システムを採用し、主将のイニエスタはインサイドハーフに入った。そして試合開始早々の前半13分、イニエスタがアジアのチームに対し、次元の違いを見せつける。

 ハーフウエーライン付近でボールを受けたイニエスタはワンステップで絶妙な浮き球のパスを供給。抜け出したFW小川慶治朗がペナルティーエリア左で受け、左足のボレーシュートでゴール右隅に流し込んだ。後半13分にも追加点を演出すると、同27分には右サイドからの柔らかなクロスで小川の3得点目をお膳立てした。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「イニエスタが輝かしいアシストで一級品を披露」と取り上げ、スペイン紙「AS」は「イニエスタが神戸ファンに披露したヴィンテージ劇場」と称賛。アルゼンチンメディア「infobae」は「ACLデビュー戦で驚愕のパフォーマンス」と注目している。

 海外メディア「Be Soccer」は「イニエスタの魔法が神戸を勝利に導いた」と見出しを打ち、「インチ単位で完璧なクロスを提供」と絶賛している。バルセロナで数多くのタイトルを獲得してきたイニエスタは、世界レベルをアジアの舞台でも見せつけてみせた。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/13(木) 19:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事