ここから本文です

《何度でも訪れたい台湾》星野リゾート初の台湾ホテル「日本のおもてなし×台湾文化」注目の宿

2/14(金) 6:50配信

集英社ハピプラニュース

台湾島のど真ん中「谷關(グーグァン)」は、弱アルカリ性炭酸泉の“美肌の湯”が楽しめるとして、人気の温泉地。’19年6月にオープンした星野リゾート初の台湾ホテル「星のやグーグァン」。台湾にいながら日本らしいおもてなしを感じられる唯一無二の宿として満室が続く、その魅力をたっぷり公開。

【写真】訪れたい贅沢な宿

HOSHINOYA Guguan

星のやグーグァン 虹夕諾雅 谷關
日本の精神と台湾文化が溶け合う「星のや」の真骨頂

標高3000m級の台湾中央山脈に囲まれた『星のやグーグァン』。朝は山を眺め、夜は星空を見上げながらお湯を楽しめる。

台湾島のど真ん中。中央山脈に囲まれた谷あいの秘境「谷關」。町の最奥地の高台に’19年6月、彗星の如く現れたのが星野リゾート初の台湾ホテル『星のやグーグァン』だ。全室に美肌の湯と人気の弱アルカリ性炭酸水素塩泉のかけ流し半露天風呂を完備。半分は原生する松などの高木が茂るゾーン、残りは若木や山野草が生えるウォーターガーデン、またはワイルドな山や岩側のビューを楽しめる。大浴場は檜がきりりと配された内風呂と、石と植物でジグザグにデザインされた露天風呂があり、どちらも開放感たっぷりだ。温泉、庭、それぞれの水を感じながら心身ともにほぐれてゆくようである。

さらに非日常の世界へと誘(いざな)うアクティビティと食事も魅力。例えば早朝は気功をベースにしたエクササイズでリラックスしたあとに、台湾式のおかゆの朝食でおなかを満たしたり、夜には日本の会席料理を味わえる。台湾にいながら日本らしいおもてなしを感じられる唯一無二の宿として、満室が続いている。

彩り鮮やかな朝食の台湾がゆセット。和食と洋食の3種類からお好みで選ぶことが可能。

夢のように美しいウォーターガーデン。ガゼボでくつろぐ、なんとも贅沢な時間を味わえる。

夕刻、大浴場隣の湯あがり処では効果的な入浴法を伝えるミニ講座やお茶のふるまいが。

ほとんどの客室が、2階はリビングと寝室、1階は温泉フロアのメゾネットタイプに。

美しく広い圧巻の露天風呂。

日本人アーティストによる谷關の大自然を表現した作品がロビーエントランスでお客さまを迎える。

【DATA】
台中市和平區博愛里東關路一段温泉巷16號
交通/台北松山空港より台北駅で乗り換え、高速鉄道台中駅から車で約90分
TEL.0570・073・066(9:00~20:00、星のや総合予約)
全50室(全室半露天風呂つき) NT$18,000~(1室2名利用の1泊1室、税・サ・宿泊税別)
https://hoshinoya.com/

最終更新:2/14(金) 6:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事