ここから本文です

トヨタGRヤリスを徹底解剖!特別仕様車だけに装着されたラリーで勝つためのアイテム発見【大阪オートメッセ2020】

2/14(金) 10:10配信

Auto Messe Web

エモーショナルレッドIIのボディカラーを初披露

 2月14日から3日間、大阪市のインテックス大阪で開催されている西日本最大級のカー&カスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2020」にトヨタがGRヤリスの特別仕様車GRヤリスFirst Edition RZ“High-performance”を出展した。本邦初公開の”エモーショナルレッドII”のボディカラーを纏っていることもトピックの一つだ。そこでGRヤリスFirst Edition RZをより詳しく、さらに“High-performance”ならではのスペシャルな装備を紹介しよう。

WRCで勝つために装着されたインタークーラースプレー【画像32枚】

 GRヤリスは、FIA世界ラリー選手権(WRC)を「勝ち抜く」ために生まれたホモロゲーションモデルとして登場。すでに1月10日からWEB限定で先行予約モデルとして、特別仕様車 の“First Edition”RZ(396万円・税込み)とFirst Edition RZ“High-performance”(456万円・税込み)の受付を開始している。この2つの特別仕様車は、通常のGRヤリスのRZグレードをベースに、“First Edition”ならではのさまざまなアイテムが装備されている。

 まず、GRヤリス“First Edition”の概要をチェックしてみよう。なお、今回発表されたのは特別仕様車であり、ベースモデルは現段階では未発表。とはいえトヨタのリリースやカタログからは判断すると、基本スペックに大きな違いはないようだ。

 開発初期からの社外プロドライバーによる評価によって、世界のいかなる道でも思い通りに操れるクルマ、つまり「誰もが安心して思いのままに運転できる」をコンセプトに作られた。TNGAの思想に基づくスポーツ4WDプラットフォームを採用。バランスの取れた高剛性3ドアボディを実現するとともに、前後のサスペンションジオメトリを最適化。

 さらに軽量なアルミ製エンジンフードやトランクリッド、さらにドアパネルを採用。ルーフは、SMC工法で成形されたカーボン製パネルで軽量化を施し、運動性能を高めている。このように軽量化を図りながら、優れた空力性能も実現しているのだ。

 搭載するG16E-GTS型1.6リッター直列3気筒直噴インタークーラー付きターボエンジンは、3気筒エンジンとして世界最高レベルの200kW(272PS)と最大トルク370N・m(37.7kgf・m)で、ワイドなトルクレンジを追求する。

 これにリズミカルな変速を可能にした6速マニュアルトランスミッション(iMT)をセット。このパワーは、スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”によって路面へと余すことなく伝達される。

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 13:33
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ