ここから本文です

スープラがさらに高性能マシンへ! 進化した2021年モデルとは

2/14(金) 19:37配信

GQ JAPAN

加速性能も向上

トヨタの2シーター・スポーツ「スープラ」の2021モデルが2月14日に発表された。目玉は3.0リッター直列6気筒ガソリンターボ・エンジンの改良である。

メディア向け資料によると、新エンジンはエキゾーストマニホールドの構造変更や新ピストンの採用によって圧縮比を上げたと見られるが、現段階では詳細は不明。

最高出力は従来型の335ps/5000~6500rpmから382ps/5800~6500rpm(従来型比+14%)へ、最大トルクは495Nm/1600~4500rpmから499Nm/1800~5000rpmへそれぞれ向上したという。静止状態から60マイル(96km/h)までに要する時間は4.1秒から3.9秒に短縮された。

エンジンのパワーアップにともない、ボディ剛性を高め、かつサスペンションも再チューニングし、コーナリング時の安定性を高めたという。

2021モデルの日本販売時期は2020年秋以降。価格については不明。

文・稲垣邦康(GQ)

最終更新:2/14(金) 19:37
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ