ここから本文です

潔く3列目シートを廃止!快眠と上質さを両立したオーテックのセレナe-Powerマルチベッド仕様【大阪オートメッセ2020】

2/14(金) 12:32配信

Auto Messe Web

収納力を考慮したラゲッジレイアウトを採用

 2月14日から始まった西日本最大級のカー&カスタマイズカーの祭典「大阪オートメッセ2020」。日産のブースでは、「ベッドキット」が入ったセレナ e-POWER オーテック マルチベッド コンセプトが注目を集めていた。コンセプトは、ずばり「よりプレミアム感が溢れる中で、流行の車中泊を」だ。

エルグランドのリアビューなど【画像12枚】

 じつは、2020年2月10日からセレナのハイウェイスターやXグレード用のベッドキットは発売開始(車両価格+45万円)になったのだが、オーテックベースは未対応なのでこの車両は参考出品車となる。ちなみに、セレナは7~8人乗りになっているが、このベッドキットを入れったセレナ e-POWER オーテック マルチベッド コンセプトは、サードシートがレス仕様になり、乗車定員が4~5人に変更になる。

 その分、かなり贅沢な仕様になり、快適な移動と車中泊、さらにより多くの荷物が積める利便性がある。

 じつは、このベッドキットは「オグショー」とオーテックの共同開発。非常にフラットで快適であるだけでなく、4分割化できる設計なので、セカンドシートの後ろに積み上げるカタチで収納したり、立てかけてラゲッジスペースを最大限広く使うことも可能だ。

 ライバルのトヨタのノアやヴォクシーにもベッドシステム仕様があるが、リアの部分に分割式テーブルがあるので、荷室部中央にテーブルの脚が残ってしまう。オーテックのセレナは、ベッド下はすっきり。キャンプに必要な長モノのグッズも収納しやすく、セレナ特有の床下収納(サブトランク)も重宝する。

 エクステリア関係は、すでに製品化されているパーツで、ドット化されたオーテックらしいオリジナルグリルや、エアロバンパー、メタル調フィニッシュのフロントプロテクター、リアプロテクター、カラードドアミラーなどで、プレミアム感とスポーティー感を追求している。

 ダーク金属調の16インチアルミホイールや、シグネチャーLEDもオーテック専用だ。

 ボディカラーは「カスピアンブルー」で、晴天の光を浴びた湘南(神奈川県 オーテック創業の地)をイメージしたカラーリングを採用。「オーテックブルー」として、支持されている専用カラーだ。

 インテリアもかなりこだわっていて、ブルー/ブラックの手に吸い付くような質感のコンビレザレットシートは専用品、ドアの内張り、フロントのインスト部にもブルーのステッチが入っている。フロアマットもオーテックオリジナルで存在感がある。

1/2ページ

最終更新:2/14(金) 12:32
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ