ここから本文です

【ペット・ロス】47歳、人生最大の喪失感!! 19年間ともに暮らした愛猫 「キクラゲ」の死

2/14(金) 19:00配信

BEST TIMES

 書籍『親の介護をしないとダメですか?』の著者で吉田潮さんの新連載エッセイ、今日から月イチ(毎月14日)始まります。タイトルはズバリ「期待しないでいいですか?」人生100年時代、その前半戦を終える四十路・五十路の日常生活の感慨をコラムニストの吉田潮とイラストレーターで潮さん実姉の地獄カレーが「1テーマで対決」します! 
●ポイントはコラムに合わせた漫画にはしない(それぞれが勝手に書き、描く)
●連載テーマは極めて自分の日常生活の中での感慨、つまりレリゴー、ありのままの「自由」。
 歌謡界のこまどり姉妹、お笑い界の阿佐ヶ谷姉妹ならぬ出版界の極辛系「潮・地獄」姉妹が立ち上がります! では早速、始めます! 
 第1回目は【喪失感】・・・ペットロスのお話

この記事の写真はこちら

■47年間で人生最大の喪失感

 47歳にもなると、いろいろ失ってきたと痛感する。恥じらいとか、憂いとか、モチベーションとか、膝関節の柔軟性とか、肌の弾力などなど。信頼や信用を失ったこともある。もう数えきれないほど大切ななにかを失っているわけだが、昨年体験したのは人生最大の喪失感だった。19年間ともに暮らしてきた猫が死んだのだ。

 公園でカラスに襲われていた子猫を保護した知人から譲り受けたのが、2000年の5月。避妊手術を受けさせたとき、獣医から「生後1年」と言われたキジトラのメスだ。耳の色や触感が似ていたので、「キクラゲ」と命名した。

 その後、私が離婚して夜逃げ同然で家を出たときの所持品はパソコンと机、そしてキクラゲだけだった。19年間、計4回の引っ越しをともに経験したことを考えると、私の47年間の人生で最も長い時間を一緒に暮らした生き物である。

 昨年4月中旬からキクラゲの体調が悪くなり、部屋の隅っこにうずくまり、時折呼吸困難で尿失禁するようになった。彼女は20歳という高齢で、病院が大嫌いだったため、家で看取る決意をした。一度、呼吸が止まりかけたときに、人工呼吸で蘇生させてしまったこともひどく後悔した。数日間苦しませることになったからだ。  

 それでも最期を看取ることができたのは幸運だった。ちょうど私は仕事で外出しなければいけない日。家を出る3時間前に急変し、呼吸が止まって徐々に冷たくなる姿を見守ることができた。享年20。5月24日のことである。ペット専門の火葬業者からは「人間で言えば100歳以上。20歳にしては綺麗で立派な骨です」と言われた。真っ白でしっかりとした形の骨は骨壺に入れて、今も家に置いてある。

 この間の1か月は仕事も妙に立て込んでいたお陰で、外に出ると異様にハイテンションだった。過剰な笑顔で顔の筋肉を保たないと、涙腺崩壊するからだ。涙が痛いという経験も初めてだった。不思議なもので、ドラマや映画を観て泣くときの涙と、愛猫を失って泣く涙では、濃度が違う気がする。後者の涙はナトリウムが濃いのか、目と鼻の奥、皮膚も粘膜もヒリヒリした。とにかく顔が痛いのだ。

 思い出しては号泣する私を心配した夫が、保護猫カフェに連れて行ってくれた。そこで2匹のきょうだい猫(1歳8か月のオスとメス)と出会ってしまい、8月から引き取ることになった。ダメになりそうな私を救ってくれたということで、ダーとメーと命名。黒白MIXの元気な猫らである。

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 22:30
BEST TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ