ここから本文です

乳がん初動のイロハ、書かなきゃ|乳がんという「転機」 #9

2/14(金) 18:00配信

Forbes JAPAN

自分の体のことをあまりに知らなすぎた

今回のことで、人の体というものに興味を持つようになった。体が心ともつながっていることを痛感した。これまでは、自分の体のことをあまりに知らなすぎた。ショックで頭や体が痛くなっても、Mには「心身症」だとわかるが、素人だと脳腫瘍ではないか、リンパ節に転移したのでは、と心配してしまう。

実際、そう言って外来受診する人は多い。痛いからがんじゃないか、と言う人も多い。そうMは話してくれた。何をどう説明しても不安そうな顔をしている場合は、全部検査してあげると、安心して来なくなるそうだ。ひょんなことで病気が見つかる場合もあるので、検査をするのが一番なのかもしれない、とのことだ。

無知なのだからしかたない。自分で思い込んではいけないのだが、不安が強すぎてそうもいかない。私も乳がんが見つかる半年前に、乳頭にズキーンと痛みが走り、触るとヒリヒリしたことがあった。3、4日で治ったので、そのままにしておいたのだが、あれはがんの症状だったのではないか? と思ってみたりもした。しかし、これも医師からすると、がんのせいではなく、ホルモンの変化で乳腺が萎縮し始めたときに出る痛みではないか、ということだった。

とにもかくにも、自分の体にもっと関心を持たないと、メンテナンスができない。「子宮や胃の位置がわかっていない人もいる」というMの嘆きに、自分も怪しいな……とパジャマの上から胃のあたりをさすってみた。

北風祐子

3/3ページ

最終更新:2/14(金) 18:00
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事