ここから本文です

サクッとジューシー!肉の甘味がたまらない 福岡市内のとんかつ6選

2/14(金) 12:00配信

ウォーカープラス

名だたるブランド豚肉が福岡市内に大集合!サクッとした衣と柔らかな肉を味わえる、名店の技と心意気を食べ比べてみよう。

【写真を見る】「特選国産銘柄豚 ヒレカツ定食」(1706円)。新潟産雪室熟成豚を使用。脂っこさが少ない / とんかつのポーク凡平 六本松店

■ とんかつ光 / 中央区薬院

安心安全な飼料で育てられた糸島の雷山豚を中心に使う。グラム数でメニューが分かれており、250gの特厚切りロースかつはその最重量クラス。豚の塊肉を味わっているような満足感がある。一頭買いだからこそ実現できるお値打ちさだ。「特厚切りロースかつ定食」は2246円。

[とんかつ光(あかり)] 福岡県福岡市中央区薬院3-12-41 / 092-526-4888 / 11:30~15:00(LO)、17:00~21:00ごろ / 水曜休み

■ 鹿児島 黒かつ亭 JR博多シティ店 / 博多区博多駅中央街

黒豚の本場・鹿児島の有名店が福岡初出店。安納芋で育てた六白黒豚の柔らかさと風味を引き出すため、一定期間熟成したものを本社から直送している。粗めのパン粉を使い、植物性の油でさっくり揚げる。注文後に炊き上げる伊佐米のご飯も絶品。ランチメニューの「特上ロースかつランチ」は1501円。

[鹿児島 黒かつ亭 JR博多シティ店] 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ9F / 092-260-1177 / 11:00~15:30(LO15:00)、17:00~22:00(LO21:30) / 施設の休みに準ずる

■ とんかつのポーク 凡平 六本松店 / 中央区六本松

雪を利用した貯蔵庫“雪室”で寝かせた新潟産の雪室熟成豚が目玉。雪室内の安定した低温と湿度でゆっくり熟成した肉は、脂の甘味と香りの高さが特色だ。店では質を保てるよう、中温でじっくり揚げる。薄めの衣で肉のジューシー感がたっぷり。「特選国産銘柄豚 ヒレカツ定食」は1706円。

[とんかつのポーク 凡平(ぼんぺい) 六本松店] 福岡県福岡市中央区六本松4-9-10 コーポ六本松1F / 092-791-5134 / 11:00~16:00(LO15:30)、18:00~23:00(LO22:30) / 無休

■ いい日とん勝 / 中央区平尾

店主がほれ込んだ鹿児島県曽於市産の「美味豚(あじぶた)」を使用。きめ細かく柔らかな肉質と脂身の旨味と甘味が特徴で、口に入れるとまろやかな味わいが広がる。和風仕立ての自家製タレはもちろん、岩塩で食べてもおいしさが増す。「ロースカツ膳」は1620円。

[いい日とん勝] 福岡県福岡市中央区平尾5-4-7 リバティ平尾1F / 092-522-9593 / 11:30~20:00(LO19:30)、土曜・日曜~21:00(LO20:30) / 水曜休み



■ かつきち / 南区大橋

開店8年目のトンカツダイニング。特注の生パン粉を薄く付け、100%純正の豚ラードで丁寧に揚げたトンカツは、衣から立ち昇る香ばしさとコクのある風味が格段にいい。昼は「ロースかつ定食」のほか、有機野菜のダシや豚の切り落とし肉、脂の旨味がとけた「ちゃんぽん」(各800円)も人気。5、6食限定で夜のみの「特上ロース定食」は1300円。

[かつきち] 福岡県福岡市南区大橋1-13-16 大黒ビル1F / 080-7989-4634 / 11:30~14:00(LO)、18:00~22:30(LO) / 日曜休み※祝日は夜のみ営業

■ とんかつ わか葉 / 中央区天神

昼時には行列ができる店。鹿児島産うんまか豚と熊本産りんどうポーク、時期によって替わる銘柄豚の3種類を用意。パン粉は専門店「むつか堂」の食パンを毎日挽いて作る。ラード油で揚げたあと、植物油で二度揚げし、肉はふっくら、衣はサクサク。「鹿児島うんまか豚の上ロースカツ」は1750円。

[とんかつ わか葉] 福岡県福岡市中央区天神1-15-36 / 092-406-8189 / 11:00~15:00(LO14:30)、17:00~21:00(LO20:30) / 日曜休み

【料金の表記について】当記事に掲載している価格は、2019年9月時点の消費税8%込みのものです。消費税率の改定や店舗などの都合により、各種料金が変更されている場合があります。

(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

最終更新:2/18(火) 11:35
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ