ここから本文です

「クール侍」 京都のオランダ人DF、甲冑姿で刀を抜く写真に反響…「パンツ」にツッコミ

2/14(金) 7:20配信

Football ZONE web

京都に加入したDFバイス、“頑張って”のエールとともに貴重ショットを公開

 今季からJ2京都サンガF.C.に加入したオランダ人DFヨルディ・バイスが、自身の公式インスタグラムを更新し、甲冑を着用して刀を引き抜く瞬間の写真を公開した。ファンから「クール侍」と驚きの声が上がった一方、「その柔らかいパンツがいいね」と冗談交じりのツッコミが入っている。

【写真】「クール侍」「パンツがいいね」と反響! 京都のオランダ人DF、甲冑姿で刀を抜く貴重ショット公開

 現在31歳のバイスは、母国オランダのフェイエノールトを皮切りに5クラブを渡り歩き、ルーマニアでもプレー。2018年夏にオーストラリアのシドニーFCからV・ファーレン長崎に加入すると、半年間で16試合1ゴールの結果を残した。2019年は徳島ヴォルティスに移籍し、J2リーグ戦で37試合7ゴールと活躍したなか、今季から京都に加わっている。

 オランダの世代別代表としてプレーし、今季でJリーグ3年目を迎えるオランダ人DFは、13日に自身のインスタグラムを更新。頭に兜をかぶり、鎧を着用した甲冑姿を披露。腰に刀を差し、引き抜こうとしている瞬間の1枚をアップしている。

 投稿では、日本と中国のアイコンを添えながら「Ganbatte!!!!」(頑張って)とメッセージを発信。新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、バイス流のエールを送ったようだ。

 186センチのバイスが見せた甲冑姿は様になっており、コメント欄では「クール侍」と称賛の声が上がった。その一方、私服の上に甲冑を着用したため下半身は無防備な状態となり、「その柔らかいパンツがいいね、ハハハ100点」と“弱点”へのツッコミも入っている。

 日本での生活にも慣れてきた様子のバイス。新天地で持ち前のリーダーシップを発揮しながら守備陣を統率し、高い得点力も発揮できるか。J1昇格を目指す京都において、オランダ人DFに懸かる期待は大きい。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/14(金) 8:03
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ