ここから本文です

“バレンタイン離れ”する若者たちのホンネ。職場で「いらない」宣言も

2/14(金) 15:47配信

bizSPA!フレッシュ

 2月14日はバレンタインデー。さまざまなチョコレートスイーツが店頭に並び、見ているだけでワクワクしてきますよね。

 しかし、そんな世間の空気を尻目に若者のバレンタインデー離れが進んでいます。

 SMBCコンシューマーファイナンスが大学生・専門学校生、高校生1198人を対象に行なった調査によれば、およそ3人に1人がバレンタインデー、ホワイトデーに贈り物をする「予定なし」と答えました(「ビンカンSTATION お金とライフのトレンドのキャッチ!」2017年2月22日)。

「正直、今年のバレンタインは誰にもあげないですね……」と話すのは都内のIT企業で契約社員を勤める沢田真綾さん(仮名・26歳)です。

 聞くと、真綾さんの周りの女友達の間ではバレンタインに誰にもあげない「バレンタイン離れ」が進んでいるといいます。そんな、20代男女の「バレンタイン離れ」を聞いてみました。

女性社員との間で「あげなくていいよね」

「学生のときに友チョコが流行って今まで散々あげてきたので、正直、飽きたっていうか、バレンタインに対してそこまでモチベーションが上がらなくなってきたんですよね。会社でも、女性社員との間で『あげなくてイイよね』という話しになっています。

 以前は気を遣ってあげていた時期もあったのですが、男性社員に聞いてみると『お返しが面倒くさい』という意見が結構多くって。こっちもデパートでわざわざ並んで買うのも面倒だし、いくらお返しがもらえるといっても最近のデパチョコって何気に高いじゃないですか。じゃあ、あげなくていいかなとなったんです」

 真綾さんの言う通り、最近はお返しが面倒という男性社員の声もあり、一人もバレンタインをあげない職場もあるといいます。

お返しが面倒くさい!

 では、20代男性の意見はどうなのでしょうか? 都内の不動産会社に勤務する、香田亮さん(仮名・28歳)に聞いてみました。

「まぁ、お返しが面倒というのはありますよね。女子社員みんなで、1個のチョコレートをくれるのならまだ良いのですが、1人ずつくれるとなるとそれぞれ値段に合ったお返しをあげなきゃいけないので……。ネットで値段を調べてそれに合ったお返しをするのって、なかなか大変なんです。

 最近はチョコレート1箱で数千円するものもあるし、お菓子のお返しならまとめ買いすればいいのですが、ダイエットしているのでスイーツはいらないという女子社員も多くて。そうなるとボディークリームとかスキンケア用品がお返しになるのですが、受付のAさんは1000円のチョコレートだからハンドクリーム、上司のBさんは3000円のチョコレートだからデパコスのギフトセットと、もらった相手によってそれぞれ選ばないといけないんですよね」

1/2ページ

最終更新:2/14(金) 15:47
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ