ここから本文です

株は新型肺炎収束をにらみ「買い」かもしれない

2/14(金) 5:16配信

東洋経済オンライン

 【2月7日金曜日】日経225先物は、70円安の2万3880円、NYダウは、88ドル高の2万9379ドル。アメリカは3市場とも史上最高値を更新した。ドナルド・トランプ大統領就任3年で、NYダウは約1.5倍になった。株価の上昇が急ピッチではないか? 

 優待目的保有のヤマダ電機(9831)が、18円高の587円をつけ、昨年来高値更新。タカラバイオ(4974)は、新型肺炎の検査試薬50倍に増産と報道。株価終値は、242円高(11.13%)の2417円と大幅高。日経平均は、45円安の2万3827円。

 【2月8日土曜日】日経225先物は、140円安の2万3690円、NYダウは、277ドル安の2万9102ドル。1ドルは、109.77円、1ユーロは、120.13円、1ポンドは、141.42円となっている。

■高配当利回りや株主優待銘柄をNISA口座で

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、収束の見通しが立たないなか、なんとNYダウは史上最高値を更新してきた。想定外の上昇だが、その理由は、3つあると思う。

 1つ目は、中国で発生し周辺国まで拡大しているが、アメリカからすれば距離的に遠いところで起きている。2つ目は、株式市場としては、新型コロナウイルス関連株がひと相場終わり、悪材料がマーケットに織り込み済みとなった。3つ目は、現段階では収束の見通しはたっていないが、暖かく(春または夏まで)なれば、十分収束する可能性があるから。

 早く収束してほしいものだが、収束の見通し報道があれば、新型コロナウイルスの悪材料が出る前の水準、日経平均株価は2万4000円を回復し、再び高値トライとなるのではないかと見ている。この局面での投資戦略としては、2月、3月権利の高配当利回り、株主優待銘柄を、NISA口座を使って購入するのがいいのではないか。権利直前の下げ局面で買えれば、絶好の買い場ではないかと判断している。

内田 衛 :カリスマ投資家

4/4ページ

最終更新:2/14(金) 5:16
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ