ここから本文です

イタリアサッカーで「VARのチャレンジ制」を導入か? 多数のセリエAクラブが要請

2/14(金) 8:40配信

フットボールチャンネル

 イタリアサッカー連盟(FIGC)がセリエAのクラブからの要請によりVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でチャレンジ制を導入することを検討しているようだ。13日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 現状は主審がVARを使用するかしないかの判断を下すことになっている。しかし、不公平感もあることで度々議論になっていた。テニスなどの他の競技では選手がビデオ判定を要請することが出来、同じような仕組みをサッカーにも導入しようと考えているようだ。

 イタリアサッカー連盟は「イタリアはサッカーにおいてテクノロジーを実験した世界で最初の国の1つ」「同じ革新と時代の奉仕の精神により、FIGCは多数のセリエAクラブから受け取ったリクエストを解釈し、国際サッカー連盟(FIFA)がチャレンジ制の使用を実験するように求めていく」とコメントしている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2/14(金) 8:40
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事