ここから本文です

陽岱鋼、一塁起用の屈辱 巨人OBが思い出す古田捕手“外野グローブ事件”

2/14(金) 6:00配信

デイリー新潮

代打として評価をする声も……

 2月1日、巨人は「宮崎春季キャンプ」の初日を迎えた。そして陽岱鋼(33)が一塁の守備練習を行ったことで、スポーツ紙などが一斉に報じた。

【追悼・野村克也さん】選手の心に突き刺さった「殺し文句」 とは?

 ***

 2019年の日本シリーズは巨人とソフトバンクが対戦した。東京ドームで行われた第3戦の外野スタメンを振り返ってみよう。

 レフトはアレックス・ゲレーロ(33)、センターは丸佳浩(30)、そしてライトは亀井義行(37)という面々だった。

 だが、ゲレーロは退団。新たに大リーグのワシントン・ナショナルズから、ヘラルド・パーラ(32)を獲得した。彼は外野手としてゴールドグラブ賞を獲得したことがある。

 言うまでもなく、陽岱鋼も外野を守っていた。2月1日、キャンプがスタートすると、スポーツ紙は一斉に陽について報じた。その中でも読売グループの報知新聞がどう伝えたか、ご覧いただこう。

 まずは2月1日(電子版)に記事「【巨人】陽岱鋼が一塁挑戦 原監督『もともとは遊撃手』中島らとのバトル加熱」が掲載された。

《野手の守備練習では、本職が外野手の陽が一塁手としてノックを受ける場面があった。(中略)原監督は「もともとは遊撃手ですから」と適性に期待。「一塁、二塁、捕手は固まっていない」と改めて競争を促した。そんな中、外国人を現時点で補強していない一塁争いに陽が加わり、中島、北村らとのバトルはさらに加熱しそうだ》

 更に翌日の2日(電子版)には「【巨人】最大限に戦力生かす陽と亀井の一塁起用…担当キャップも驚いた」という“解説記事”も配信した。

 この記事によると、丸のセンターと、新外国人のパーラはライトで“当確”。残りのレフトは、亀井と陽に加え、石川慎吾(26)、重信慎之介(26)、山下航汰(19)の合計5人で競わせる方針とした。

 さらに一塁も、日本シリーズの第3戦は阿部慎之助(40)がスタメン出場した。ご存知の通り、阿部は引退して2軍監督を務めているため、ここも“空き”になっているわけだ。

 報知新聞は、一塁も亀井と陽が候補だとした上で、中島裕之(37)、北村拓己(24)の2人に加え、ライトと同じ山下航汰や、本来は捕手の大城卓三(26)もポジションを争う可能性があるとした。

1/3ページ

最終更新:2/14(金) 10:34
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ