ここから本文です

パワハラ疑惑にメンタル不調で休職…夫たちの心の叫び

2/14(金) 10:17配信

日経ARIA

週1日、昼間だけオープンする桃源郷のような「昼スナックひきだし」。紫乃ママの下に、今日はなんと悩める二人の男性がご来店。男の本音をぶちまける特濃スナックトークが始まります。さらに、男性学の論客として注目を集める社会学者、田中俊之さんもスペシャルゲストとして参戦。男の本音も聞いてって!

(上)パワハラ疑惑にメンタル不調で休職…夫たちの心の叫び ←今回はココ

(下)妻への愚痴も不満もある。でも、老後の夢は夫婦仲良く!

紫乃ママ いらっしゃい。あらあらお久しぶり。何飲みます?

圭 ビールで。ああ……、春が来るのが憂鬱だ~。

来店客1/圭さん(48歳、パート勤務の妻・子ども一人)

大学卒業後、電気系技術会社に勤務。エンジニアをしていたが、所属する事業部が縮小になり、40代前半で未経験の業務を担当することに。40代中盤に昭和気質が残る部署で体調を崩して2度の休職を経験。転職活動をしたが妻の反対で断念。復職後は別の部門に出向したものの、この春にはまた元の部署に戻らなければならず、憂鬱な気持ちです。

紫乃ママ どうしたの~? またまた悩みがありそうね。何でも聞くわよ。今日はさ、もう一人、モヤモヤ男子が来てるのよ。

孝太郎 どうも。お先にハイボールいただいています。

来店客2/孝太郎さん(50歳、元正社員の妻・子ども一人)

大学卒業後、金融系の会社に勤務。30代で希望する海外事業部に異動が決まりかけたが、バブル崩壊で海外セクションは撤退。合わない上司とぶつかって遠方の支店に飛ばされたり、パワハラの疑いをかけられて激務の部署に配属されたり。直属の上司からは評価されても、一度立ってしまった「パワハラフラグ」のせいで異動は却下。会社内での評価や報酬面でモヤモヤしています。

紫乃ママ 圭さん、「春が憂鬱」なんて辛気臭い! いったいどうしたのよ?

圭 会社の事業が縮小されて希望とは全く違う部署に配属されたんですけど、そこが業務的にも人間関係的にもつらくて。僕、メンタルをやられちゃって2回休職しているんですよ。復帰して今はとりあえず違う部署にいるんですけど、3月には元の部署に戻らないといけなくて。

紫乃ママ おお、そっかそっか。それはツラいわ。で、孝太郎さんはどうしたって?

孝太郎 僕は金融系企業に勤めているんですけど、どうも「パワハラをするやつだ」というフラグが立っているらしい。今1番やばいフラグで、希望しても異動できない。キャリアが頭打ちで、これからどうしようかな、と。

紫乃ママ パワハラかあ。それはキツイやつね。実際のところ身に覚えはあるの?

孝太郎 あるといえばあります。でも、はっきり言ってぬれぎぬです。パート勤務の女性から、ある女性社員への苦情があり、それを本人に伝えたらいきなりその女性社員が上層部に訴えて。「あいつはパワハラ男だ」というレッテルが貼られてしまったみたいで。

1/4ページ

最終更新:2/14(金) 10:17
日経ARIA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ