ここから本文です

音楽界のグルメ番長が「おかずを食べているような満足感でもっちもち」という玄米[FRaU]

2/15(土) 10:40配信

講談社 JOSEISHI.NET

食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、音楽界の“グルメ番長”ホフディランの小宮山雄飛さんが「おかずを食べているような満足感が味わえる」という「寝かせ玄米」をご紹介します。

【写真】地元民だからこそ知っている福岡の名物飯

圧力釜で炊き上げた玄米を 手軽に美味しくいただく

「玄米というとパサパサしたイメージがありますが、とにかくもっちもちの食感なので食べ応えがあります。極論すると、ご飯を食べているというよりおかずを食べているのに近いような感覚で、満足感がすごいのです」。

雄飛さんを驚かせた玄米は、結わえるの「寝かせ玄米」。普段の食事を玄米中心の“基本食”にして土台を整え、好きな呑み食いも楽しむ“メリハリ玄米生活”を提案する企業が、無理なく継続するため美味しさを追求して完成させました。

玄米はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富ですが、白米と比べると精米していない分、硬い・食感が良くないと敬遠されがち。そんな玄米を、独自開発した圧力釜で炊き上げ、保温・熟成。そうすることで、甘みやコクが増幅。もちもちの食感を生み出しています。

寝かせ玄米を手軽に食べられるのが「寝かせ玄米ごはんパック」。こちらは玄米に雑穀、少量の天然塩を入れて炊飯。その雑穀は「小豆」、「黒米」、「十五穀」、「はと麦」、「もち麦」、「大豆」の6種類。

寝かせ玄米ごはんパック 小豆ブレンド 24食セット ¥6864(税込み)

例えば、一番人気の「小豆」はおこわのような食感、15種類の国産雑穀のプチプチッとした歯応えが小気味いい「十五穀ブレンド」、島根県産の大豆の甘みをダイレクトに感じられる「大豆」など、それぞれの味・食感・色味・香りなどが楽しめます。飽きることなく、玄米を気軽に普段の食事に取り入れることができます。

ちなみに、雄飛さんのお気に入りは「十五穀ブレンド」だそう。

寝かせ玄米6種ミックス 12食セット ¥3570(税込み)

各種類を単品で買えるのはもちろん、6種類を食べ比べできる「6種ミックスセット」も販売。これぞまさに、結わえるが提唱する“メリハリ玄米生活”を続けやすい商品です。

食べ方は簡単。15分以上湯煎するか、電子レンジで2分温めるだけ! お米を炊くのが面倒なとき、時短で手軽に食事をしたいときにサッと食べられて、手軽に栄養が摂れるので非常に便利です。

では、雄飛さんはどういう風に食べているのでしょう?

「普段はおかずが主役で、それと一緒に食べるお米を考えるのですが、寝かせ玄米の時は反対。むしろこの寝かせ玄米を主役に、これと合うおかずを考えてしまいます。佃煮や肉味噌など、味の濃い総菜少しと一緒によく噛んで食べると旨みが増します」

おかずを食べているような満足感や、それに合うおかずを考えたくなるようなご飯。そのどちらももっちもちの玄米の食べ応えの良さがあってのこと。雄飛さんの食生活を支える名パートナーとなっています。

結わえる(ゆわえる)オンラインストア

PROFILE

小宮山雄飛 Yuhi Komiyama
ミュージシャン。ホフディランのヴォーカル&キーボード。音楽活動の傍ら、日本初のレモンライス専門店『Lemon Rice TOKYO』を渋谷にオープン。自身が生まれ育った渋谷区の観光大使もつとめる。

最終更新:2/15(土) 10:40
講談社 JOSEISHI.NET

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ