ここから本文です

2019年に通ったリピートレストラン・7軒を教えます!──「鳥勝」編

2/15(土) 20:11配信

GQ JAPAN

「レストラン・オブ・ザ・イヤー2019」では選者のマッキー牧元、平野紗季子、大木淳夫、小石原はるか、松浦達也の5名が今年もっとも輝いたレストランを紹介する。今回は2019年にもっともリピートした店を7軒、ピックアップした。こんかいは鳥勝編。

【写真を見る】人気の鳥料理をチェック

長期飼育が生む、さつま地鶏の濃い旨味

父君の田舎・鹿児島の鶏のおいしさが「鳥勝」開店の出発点と話す、店主の福永公彦さん。自店専用の養鶏場まで開業し、80日が常識とされる飼育期間を150日、240日、1年以上と延ばすことで、より身が締まった旨味の濃いさつま地鶏を育てる。3種の地鶏焼きコースを提供するが、まず手頃な150日飼育の「地鶏焼き」から始めて、いつしか1年以上飼育の「熟成地鶏焼き(2万3000円)」一筋になってしまう常連客も。地鶏の定説を覆す味わいに、虜になる人、続出中だ。

とりしょう
東京都新宿区荒木町16-16
ベルウッドビルB1
TEL:03-6273-2279
営業時間:17:30~20:30最終入店
お休み:不定休 ※要予約(「熟成地鶏焼き」)は1カ月以上前、そのほかは3日以上前までに)

文・岡野孝次 写真・ 大谷次郎

最終更新:2/15(土) 20:11
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ