ここから本文です

嵐 松本潤、Sexy Zone 中島健人やKing & Prince 平野紫耀との師弟のような関係性 『しやがれ』出演を機に振り返る

2/15(土) 6:06配信

リアルサウンド

 2月15日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の人気コーナー、「隠れ家ARASHI」にSexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀が出演する。嵐を見て育った彼ら、なかでも松本潤にまつわるエピソードが語られることも多いだけに共演には期待が高まる。改めて松本と中島、平野の関係性をおさらいしてみたい。

松本潤のダンスが好きな中島健人、弟子入り希望の平野紫耀

 王子様エピソードには事欠かないSexy Zoneの中島健人。以前雑誌で「今後挑戦してみたい先輩のグループの楽曲は?」という質問に、嵐の楽曲「P・A・R・A・D・O・X」を挙げ、「松本潤さんの動きが最高に好きです!」と語っていた。また、「恋愛ドラマを演じるならどんな役を演じたい?」という質問にも、「俺様な役」として、ドラマ『花より男子』(TBS系)で松本が演じた道明寺司を挙げるなど、かねてから松本への憧れの気持ちを言葉にしてきた。

 一方の平野も、テレビ番組で「弟子入りしたいジャニーズの先輩は松本潤くん」と公言した。急接近したきっかけはドラマ作品だ。松本が道明寺司役を演じたドラマ『花より男子』(TBS系)シリーズの続編として、2018年に放送された『花のち晴れ~花男 Next Season~』(同局)に、平野が神楽木晴役で出演したことがきっかけと言われている。

 『“花男”は大好きで見てました。だから出演が決まったときは「自分もあの世界に関われる」というワクワクする気持ちが大きかったです』と同作の公式サイトでコメント。また、事務所のスタッフを通じて、松本から「気張らずかっこつけずにやったらいいよ」と、応援メッセージが届いたことを明かし、「それが励みになっています」と喜びを語っていた。残念ながら共演シーンはみられなかったものの、道明寺の存在感の大きさ、ストーリーを超えた松本と平野の繋がりを感じるエピソードだ。

松本潤を後輩が追いたくなる理由は?

 中島も平野も、個性が立ったキャラクターで人気を博しているが、先述した彼らの言葉には、改めて“追う背中”である松本の存在感が伝わってきた。

 嵐のステージ演出を担当している松本は、ムービングステージや自動制御つきのペンライト(FreFlow)、横幅51m、高さ12.6mの2083インチ超特大LEDビジョンモニターを導入。床が透けており、客席の頭上を通過する瞬間も見逃せないムービングステージ、これまでとは違う会場の一体感が生みだした自動制御つきのペンライトなど、ただ新しいものを導入するだけでなく、ファンの気持ちを汲んだ演出に松本の人柄を感じる。なお、松本は、昨年行われたKing & Princeのコンサートツアー『King & Prince CONCERT TOUR 2019』でもステージ演出の一部をプロデュースした。

 歴代の先輩グループも、自分の意見を持ち、演出の企画会議からこだわりを盛り込んできた。アイドルとしてのスキルに加えて、ステージ演出というクリエイティブな能力も求められる。そのなか、記憶も記録も残してきた嵐のステージで、演出を担ってきた松本を慕うのも当然の流れといえよう。

 さて、『嵐にしやがれ』の予告を見る限りでは、二人ともかなり身体を張ったチャレンジをしたようだが、尊敬する先輩との共演により一層はりきって臨んだことだろう。それぞれが所属するグループの人気を牽引している中島と平野だが、普段とは違う、後輩としての顔がみられそうだ。

柚月裕実

最終更新:2/15(土) 6:06
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事