ここから本文です

「顔面移植」にブーム再燃? 愛車を高級車のフェイスにお直しするカスタマイズとは【大阪オートメッセ2020】

2/15(土) 10:40配信

Auto Messe Web

「自分だけの1台」にするための大技カスタム

 他車種や新型モデルのヘッドライトやフロントバンパーなどを移植する「顔面移植」、いわゆるフェイススワップ。10年以上前に流行したカスタマイズ手法のひとつだが、大阪オートメッセ2020(2月14日~2月16日・インテックス大阪)では、そういった“フェイススワップ車”も多い。これは人気の再燃か!? 気になる車両をチェックしてみた。

180SX顔のカプチーノほか、他車種のフェイスをスワップした車両たち【画像】

トヨタ最高峰“センチュリー“顔のセルシオ

 スポーツカーからセダン、ミニバンに軽自動車など様々な車種で取り入れられ、かつて大きな人気を得ていたカスタマイズ法のひとつがフェイススワップというもの。大技であるため工法が難しく、コストも掛かるためなのか、近年はそうしたドレスアップ車は減少傾向だ。

 そんな中、ここで紹介するトヨタ・セルシオ(2代目・20型)は、約20年前からセンチュリーの顔を移植、センチュリーがモデルチェンジする度に、常に最新型のフェイススワップを続けているという1台。現在は、2018年のフルモデルチェンジ後(3代目)、2019年のマイナーチェンジモデルのフェイスが移植されている。

 製作したのは「水野ボディーワークス」。セダンや軽自動車のカスタマイズパーツで有名な「K-BREAK」とのコラボレーションによって、フェイスだけでなく全体的に高級感と迫力あるフォルムを手に入れている。

 フェイススワップの仕様変更は今回で3回目。フロントのグリルやバンパー、ヘッドライト、ボンネット、フェンダーなどに現行センチュリーの純正パーツを投入。前からの面構えは、まさに「センチュリー」そのものである。

 さらに、フロントバンパー下部のメッキパーツに合わせ、サイドステップやリアバンパーなどのモール部分もセンチュリー純正パーツに換装。ドアだけでも純正品を4枚も購入したというコダワリようだ。
 「最初にこのクルマ(セルシオ)を購入した18歳の時から、最高級車のセンチュリーに対する憧れがあり、常に(センチュリーの)現行モデルの顔に変えてきました。作るには手間やお金もかかりますが、それ以上の価値がありますね」。そう語る水野代表にとってのフェイススワップは「オンリーワンな最高の1台にしたい」という、クルマ好き特有の愛情表現のようだ。

1/3ページ

最終更新:2/15(土) 10:40
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ