ここから本文です

19歳オジェ アリアシムが準決勝へ、18歳シンネルは惜敗 [男子テニス]

2/15(土) 16:03配信

テニスマガジンONLINE

 ATPツアー公式戦の「ABN AMROワールド・テニス」(ATP500/オランダ・ロッテルダム/2月10~16日/賞金総額215万5295ユーロ/室内ハードコート)の男子シングルス準々決勝が行われ、前年覇者で第3シードのガエル・モンフィス(フランス)、19歳のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)の4人が準決勝に駒を進めた。

ATPツアー2020(ロッテルダム)|PHOTOアルバム

 モンフィスがダニエル・エバンズ(イギリス)を7-6(5) 6-2で、オジェ アリアシムがアルヤズ・ベデネ(スロベニア)を6-4 7-6(6)で、カレーニョ ブスタがワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した18歳のヤニク・シンネル(イタリア)を7-5 3-6 7-6(6)で、クライノビッチは第7シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を7-6(2) 6-4で破っての勝ち上がり。

 準決勝では、モンフィスがクライノビッチと、オジェ アリアシムはカレーニョ ブスタと対戦する。

ROTTERDAM, NETHERLANDS - FEBRUARY 14: Felix Auger Aliassime of Canada returns a forehand against Aljaz Bedene of Slovenia during Day 7 of the ABN AMRO World Tennis Tournament at Rotterdam Ahoy on February 14, 2020 in Rotterdam, Netherlands. (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

最終更新:2/15(土) 16:03
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ