ここから本文です

《大草直子の着こなし術》地味に終わらず派手にもならず!色選びは「浮かび上がらない色」

2/15(土) 20:33配信

集英社ハピプラニュース

地味に終わらず、派手にもならずに、おしゃれを楽しみたい。そんなアラフィー女性たちが、今取り入れるべきは、“地味派手服”!  大人に美しく寄り添ってくれる色選びのポイントを、スタイリスト・大草直子さんが教えてくれました。

【写真】 大草直子さんの真似したい着こなし

《大草さん流アイデア》

大人の“地味派手”をかなえる色選びは、「浮かび上がらない」を基準に!

陰りをもつ、墨っぽさのあるパープル

「墨を含んだような、少し影をもっているパープルは、黒とうまくつながります。グレーや黒と合わせたときに、さらに2トーンくらい影が深くなる。パープルの落ち着いた一面が、大人のカリッとした首すじやデコルテの影ともつながって、美しく映えるんです。大人をさりげなく引き立ててくれる特別な色ですね。」

光を吸い込むスエードがパープルをよりマイルドに。それを包み込む黒のコートは、軽くて光沢のある素材で、春の空気感を呼び込んで。

スカート¥59,000/ロンハーマン(ブルーバード ブルバード) コート(カオス別注)¥54,000/カオス新宿(ヴァシュモン) カットソー¥10,000/スローン ピアス¥21,000/マリハ伊勢丹新宿店(マリハ) ネックレス¥20,000/アダワットトゥアレグ バングル(3本セット)¥78,000/アッシュ・ぺー・フランス(セルジュ・トラヴァル) バッグ¥52,000/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) 靴/私物

ほろ苦さのある渋みグリーン

「自然界にある色を私は“オーガニックな色”と呼んでいます。この装いのブラウスがそう。パステルカラーのような華やかさのある色ではないけれど、少し苦みや渋みがあるこの色みも、春を感じさせる芽吹きの色。大人の肌色にもしっとりと美しく寄り添ってくれます。」

全身をナチュラルな色で合わせれば、印象に残る装いに。

ブラウス¥31,000・スカート¥42,000/ガリャルダガランテ 表参道店(シャイナ モーテ) コート¥95,000/マディソンブルーピアス¥21,000/マリハ伊勢丹新宿店(マリハ) リング(右手)¥220,000/マリハインターナショナル(マリハ) リング(左手 人さし指)¥58,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) リング(左手 薬指)¥58,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥37,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴/私物

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 20:33
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事