ここから本文です

大谷亮平が考える、“愛してはいけない人”に惹かれる理由「男にはよくあること」

2/15(土) 16:00配信

週刊女性PRIME

 ケビン・コスナーがストイックなボディガードに扮し、ホイットニー・ヒューストン扮する歌姫レイチェルを守り抜く『ボディガード』。'92年に大ヒットしたこの映画のミュージカル版が、いよいよ日本人キャストで上演される。

【写真】イケメンすぎてむしろ守りたい、“逆輸入俳優”大谷亮平まとめ

「こんな男性に守られたい」と女性観客のため息を誘ったフランク役を演じるのは、大谷亮平さん。寡黙で男らしいイメージの彼は、まさに、この役にピッタリ!

「いままで僕がやってきた作品は、そういうイメージのものが多かったかもしれませんね。だから自分でも的外れではないはずだと、“合っているほうではないかな”と思っています(笑)」

不器用なボディガードが恋をした

 '12年にロンドンで初演されたこの舞台は、来日版が昨秋、ひと足先に上演。この舞台を見た大谷さんは「負けられない」という思いを強くしたそう。

「このミュージカルは初っぱなからレイチェルが歌うパンチのきいたダンスミュージックでスタートして、ダンスもありますし、“ショー”部分の印象がすごく強いんです。そこのインパクトが強烈なので、お芝居の部分は絶対、負けないようにしたい。

 過去に傷を背負って生きるフランクという男のキャラクターづくりに全力を費やします。ショー場面のつなぎみたいなことにならないよう、“レイチェルの歌に負けないくらいお客さんを引き込んでいかなければ”と思っています」

 最初は職業として守っていたはずのレイチェルとの間に、ロマンティックな変化が生まれる。その恋模様は、不器用でもどかしい!

「不器用かもしれないけど、じゃあ器用だったらどうなるのか、と思うんですよ。うまく仕事と私的な感情を両立させるのか? 彼は無骨でまじめな人ですから、それはできないと思います。

 セリフにもあるんです、“自分にできることは、万が一のときに身代わりになることだ”と。守るためには生命を投げだす、というスタンスですね。その覚悟や戒めをもっているにもかかわらず、それを超えて感情が動くわけだから。

 やっぱりフランクの人生において、レイチェルはそれほど特別な存在なわけで、その変化が大事ですよね。そして、そこからの決断。これは、女性は大好物なのではないでしょうか(笑)。ふたりの心境の変化、だんだんと近づいていく心の距離感や過程を楽しんでいただきたいですね」

 大谷さん自身も女性に対して「守りたい」という意識は持っている方ですか?

「持っているほうです! 女性に守られたいとは思わないですね(笑)」

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 16:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ