ここから本文です

21歳新星ガルシア、“80秒失神TKO”で20連勝 衝撃の左フックに米戦慄「止められない」

2/15(土) 15:03配信

THE ANSWER

世界挑戦経験のあるフォンセカをわずか80秒で沈める

 ボクシングのトッププロスペクト(若手有望株)、ライアン・ガルシア(米国)がわずか80秒で衝撃の失神KO勝ちを収めた。14日(日本時間15日)に、WBCライト級シルバータイトルマッチで、フランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)に1回TKO勝ち。デビューからの連勝はこれで20(うち17KO)。21歳の超新星が実際にカウンター一閃で相手をマットに沈めるシーンを、スポーツチャンネル「DAZN USA」が動画付きで公開。ファンにも衝撃が走っている。

【動画】2度見必至! 「めちゃくちゃえげつない」「止められない」と米ファン戦慄…21歳ガルシアが左フック一撃で相手を失神させる実際の映像

 超新星が鮮やかに、豪快に決めた。開始1分過ぎだ。ガードを高く構えるガルシアに対して、フォンセカがワンツーを繰り出した、その瞬間だ。左から、2発目の右を出そうとする間にガルシアが内側に入るようにして、左のフックをクリーンヒットさせた。

 崩れ落ちるフォンセカ。大の字にキャンバスに転がると失神。レフェリーがすぐに試合を止めた。わずか80秒での衝撃のKO劇。ガルシアの強さばかりが際立った。

 DAZN USAが投稿したフィニッシュシーンに、米ファンには戦慄が走っている。

「Wow!! 超絶パンチ!!」
「若き王者」
「ライアン・ガルシアは別格」
「ショートトランクスがデラホーヤみたいだ」
「彼は速い」
「ちょっとこれは止められない感じ」
「彼のフックはめちゃくちゃえげつない」
「この左手はスチームエンジンみたいだな」
「こいつは本物」

 実際に一度見ただけでは早すぎて、何が起きているかわからないほど。フォンセカも世界挑戦経験者で決して弱い相手ではないが、何もさせなかった。WBAで2位、WBCで4位、IBFで6位と世界挑戦は目前。サウル・カネロ・アルバレスらを抱えるゴールデンボーイ・プロモーションズの秘蔵っ子ガルシア。3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が君臨するライト級で、また一人目の離せない存在が現れた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2/15(土) 16:05
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ