ここから本文です

マンCのCL出場禁止処分にラ・リーガ会長が反応「ついにUEFAが決定的な措置を講じた」

2/15(土) 20:40配信

フットボールチャンネル

 UEFA(欧州サッカー連盟)が14日、マンチェスター・シティに対してUEFA主催大会の参加禁止処分を言い渡した。この発表に対し、ラ・リーガの会長を務めるハビエル・テバス氏が自身のツイッターを通じてコメントしている。

【画像】マンチェスターシティの基本フォーメーション

 UEFAの発表によると、シティが2012年から2016年にUEFAに提出したファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する書類で「重大な違反を犯した」ことが確認されたという。そのため、2年間のUEFA主催大会参加禁止と3000万ユーロ(約36億円)の罰金処分を科している。つまり、シティは2020/21シーズンと2021/22シーズンのCLに出場することができない。

 この発表を受けてテバス氏は「ついにUEFAは決定的な措置を講じた。FFPのルールを強化し、金融ドーピングを罰することはサッカーの将来にとって不可欠だ。我々は何年もの間、シティとパリ・サンジェルマンに対する厳しい行動を求めてきた。絶対に遅れてはならない」と語っている。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2/15(土) 20:40
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ