ここから本文です

嵐じゃなくて、やっぱりキムタク ジャニーズ事務所が全面バックアップのウラ側

2/15(土) 11:01配信

デイリー新潮

 近頃、テレビや芸能記事、CMで、キムタク=木村拓哉(47)を目にする機会が増えたと思っている方も少なくないはずだ。芸歴30年を超え、五十路も間近のベテランにもかかわらず、いまになってシャカリキ、ガムシャラに働いているのはなぜなのか。そこには事務所の戦略があるという――。

【写真】新婚「二宮和也」がキムタクとの再共演を熱望

 ***

 俳優としては、昨年の日曜ドラマ「グランメゾン東京」(TBS)で三つ星シェフ、年明けはフジテレビ開局60周年特別企画「教場」で鬼教官を演じて、高視聴率を上げた。ミュージシャンとしては、1月8日に初のソロアルバムを発売し、それに合わせて新宿でゲリラ宣伝、渋谷タワーレコードでは売り子までこなした。タレントとしては正月恒例のバラエティ「さんタク」(フジテレビ)で明石家さんま(64)と共演し、1月15日からはマクドナルドのCMに登場し、17日からはゴルフウエアMARK&LONAの新CMも始まった。さらに3月公開の「ドラえもん」映画には声優として参加することも発表された。そして現在は、新アルバムをひっさげて、国立代々木競技場(2月8~11日)、大阪城ホール(2月19~20日)で初のソロコンサートの真っ最中で、SMAPの曲まで披露するサービスぶりだ。もちろん、レギュラーのラジオ番組などをこなしながらであることは言うまでもない。芸能記者も首をかしげる。

「彼はあまり欲があるほうでもなく、役者がやっていければそれでいいいという考えなんですよ。次女のKoki,(17)はモデルデビューしましたし、そんなに働く必要もないと思うのですが……」

 だが、そこには事務所の全面バックアップがあるというのは大手広告代理店の幹部だ。

「キムタクがマックのCMに出演するなんて思いませんでしたよね。それも、コーヒー一杯だけで入店していいのか、悩んでみたり……。実は当初、マックはジャニーズ事務所に所属する別のタレントにオファーしたそうです。すると事務所は『木村拓哉はどうですか?』とプッシュしてきた。ようやく業績が上向いてきたマックとしても、ビッグネームはありがたいですからね。キムタクなら申し分ないと、すぐに決まったそうです」

 映画「ドラえもん」も同様と言うのは、民放プロデューサーだ。

「『ドラえもん』は制作のテレビ朝日の映画部門としては、ヒットが約束されたキラーコンテンツ。しかも、今年は『ドラえもん』生誕50周年で、新作『ドラえもん のび太の新恐竜』は40作目となるメモリアル作品ですから、いつもに増して注目度は高い。そこに目を付けたのがジャニーズで、キムタクを猛プッシュしたそうです。テレ朝としても、キムタク主演のドラマをオファーしていたところで無下にもできない。ドラえもんの製作陣に彼を推薦。キムタクは声優としても過去に、ジブリ映画『ハウルの動く城』で声優として主演し、200億円にせまる興収を稼いだ実績もありましたから、映画部門はもちろん快諾したそうです」

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 11:57
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事