ここから本文です

ミュージカル俳優・田代万里生君の魅力(井上芳雄)

2/16(日) 17:12配信

NIKKEI STYLE

井上芳雄です。2月4日にNHKで放送された音楽番組『うたコン』で、ミュージカル俳優の田代万里生君とデュエットを披露しました。当日の番組の告知では“ミュージカル貴公子2人が「おっさんずラブ」!?”というふれこみでした。男同士で愛を歌うデュエットはあまりないので、見た方は驚かれたかもしれませんね。

その日の『うたコン』は「愛と希望のドラマチック名曲物語」というテーマ。万里生とのデュエットは、MISIAさんの『Everything』で始まって、ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』からの『トゥナイト』へと展開して、また『Everything』に戻るという構成でした。万里生が女性、僕が男性のパートを歌いました。
僕たちのデュエットは初めてではなく、コンサートでは何度も歌っています。きっかけは2017年に、万里生が僕のラジオ番組『井上芳雄 by MYSELF』のスペシャルライブにゲストで来てくれたとき。男女のデュエットを歌いたいと彼が言うので、『レ・ミゼラブル』のナンバーから万里生がヒロインのコゼット、僕がその恋人のマリウスのパートを歌いました。
当時、彼は舞台で脱走兵の役をやるために丸刈り。それで女性パートを歌うのだから、ビジュアル的にもインパクトがありました。彼が不思議なところは、自分で歌いたいと言ったわりには、女っぽく歌うとかじゃなくて、普段の万里生のままで真剣に歌うんです。だから僕も絶対に照れないようにしようと思い、彼を抱きしめて、頭を何度もなで回したりしました。そしたら、お客さまがすごく喜んでくださって。僕たちも楽しかったし、それからゲストの万里生がヒロインになって一緒に歌うのが、僕のコンサートの恒例になっています。
昨年はミュージカルの『グレート・ギャツビー』と『エリザベート』からデュエットのナンバーを歌いました。それを見た『うたコン』のプロデューサーの方に「面白いですね」と言っていただき、今回NHKの全国放送で初披露することになったというわけです。
『うたコン』では振り付けも自分たちで考えました。大げさに動いてみたり、見つめ合ったり、抱きしめてみたり、ミュージカルのようなステージングにしてみました。万里生とは、とにかく単なる色物で終わらないよう、デュエットナンバーの素晴らしさを伝えたいという気持ちを前面に押し出そうと話していました。結果、その気持ちは見てくださった方にも伝わった気がします。
この1月、万里生のミュージカルデビューから10周年の記念コンサートにゲストとして出させてもらったときは、『エリザベート』のデュエット曲を、いつもとは逆に僕が女性パートで歌いました。本気で歌ったので、本当に自分でも泣きそうになるくらいでした。お客さまは、最初僕がベールをかぶって舞台に出てきたら笑っていたのですが、だんだん真剣に聴いてくれて、なかには涙ぐんでいる人もいたような感じでした。そういうのって、すてきだなと思います。
それにしても、万里生はなぜ喜々としてデュエットの女性パートを歌いたがるのか。そこはよく分かりません。最初に理由を聞いたときは、「芳雄さんのマリウスが聴きたかったから。きっとファンの人も聴きたいはず」と言っていましたが、釈然としなかったですね。意表を突くのが好きなのかなと思いきや、自分のコンサートでは全然そんなことはしないし。10周年記念もフルオーケストラを従えて正攻法でやっていました。
もしかしたら、本来おちゃめなところがあって、普段はそういう役はあまりやらないし、僕なら相手役をしてくれるだろうと思っているのかな(笑)。ちょっと計り知れないところがあって、そこが彼の魅力でもあります。
万里生は、僕と同じ東京藝術大学の声楽科の出身。お父様がテノール歌手で、彼ももともとオペラ歌手を目指していたと思います。クラシックの素養は、僕なんかより全然しっかりしています。コンサートにしても、僕はよくも悪くもふざけがちというか、ただ歌うだけということはせず、どういう構成で楽しく盛り上げようかというほうに関心がいくのですが、万里生は音楽そのものに対する意欲がすごく強い。歌詞を書いて、編曲もするし、演奏や指揮をしたり、スタッフワークにもかかわっていたりしています。
実は、万里生がデビューしたころ、僕たちは似てると言われていました。周りから「芳雄にそっくりな藝大卒のテナーが今度デビューする」と言われて、僕は「ヤバイ、何だか嫌だな……」と内心思いました。僕のあとも藝大からミュージカル界に来る人はいたけど、同じ方向性の人はいなかったので、つい警戒したのでしょう。万里生にしても、本当によく間違われたみたいで、「井上さん」と言って手紙を渡されるのはしょっちゅうだったと言っていました。共演もそんなになかったので、しばらくは距離がありました。
でも、だんだん話しをするようになり、お互いをよく知ると、全然似ていませんでしたね。声も芸風も違うし、第一、万里生の方が断然顔が小さい(笑)。それで安心して、最初はお互いに意識したけど、距離が縮まったのかもしれません。そういう場合は、仲良くなるか疎遠になるかのどっちかでしょうから、仲良くなれてよかった。後輩ですけど年代も近いし、今では僕の数少ない同業者の友人です。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 19:15
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ