ここから本文です

第92回アカデミー賞、名スピーチから気になる同伴者まで、授賞式を総ざらい。

2/16(日) 20:23配信

VOGUE JAPAN

昨年に引き続き、司会者不在だった第92回アカデミー賞。なんと史上最低の視聴率を記録してしまった授賞式で、一体なにが起きたのか? ハリウッド在住D姐とカルチャーライター柴崎里絵子が、受賞者やプレゼンターのスピーチからパフォーマンスの数々を徹底トーク!

白すぎるオスカー再び。2年連続で司会者不在の授賞式は?

柴崎 ここ数年スキャンダラスな出来事が多かったハリウッドだけに、今年のアカデミー賞はどこか静かな感じがしました。それでも「またしても白すぎるオスカー(#oscarsowhiteagain)」とは言われていましたけど。早速、式の初めにプレゼンターとして登場したクリス・ロックとスティーブ・マーティンが多様性のなさをネタにアワードをいじり倒してました。

D姐 その分、オープニングはジャネール・モネイとビリー・ポーターのパフォーマンスで「白くない感」を出してみた感じがあります。そして最初の受賞者はブラッド・ピット!! しかし毎年のことながら、助演男優賞が最初の受賞発表。トム・ハンクス、アンソニー・ホプキンスに『アイリッシュマン』の国宝級俳優二人と今年最も豪華なメンツの揃ったノミネート枠で、しかもブラピが受賞というおいしすぎるシーンが序盤で終わってしまったのはもったいなかった。LA時間だと午後5時過ぎですから。

柴崎 でも、今回のブラピのスピーチはちょっと期待ハズレじゃありませんでしたか? いつもアドリブで必ずしっかりと笑いをとるので、ついオモシロコメントに期待しちゃいました。英国アカデミー賞では、英ロイヤル相手に悪ふざけ的ジョークも飛ばしまくっていたのに。

D姐 ブラピのスベリなしのスピーチ連勝伝説が、オスカーでは軽スベリ(笑)。感極まっているのがわかりました。普段は成り行きでスピーチをしゃべっていたそうですが、オスカーはスピーチを事前に用意していて、その結果がアレなんだそうで。だとしたら、セリフを覚えるのが前提の「役者」としてどうなのかと問い詰めたくなりますが。

柴崎 原稿ありきだったら、お友だちの脚本家にスピーチの言葉を頼んでもよかったかも?

D姐 ナショナル・ボード・オブ・レビューで助演男優賞を受賞したときには「人生の目標はものすごくシンプル。幸せで、健康で、『オーシャンズ14』を作らなくてはいけないほどの経済状況に陥らないこと」と名スピーチ。このくらいの軽さを期待していたのですが、やっぱりオスカーではそこまでくだけられないものなんですね。しかしブラピ、襟足が長すぎじゃないですか? 縁起担いで髪を切らなかったのかしら。

1/7ページ

最終更新:2/16(日) 20:23
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事