ここから本文です

『シロクロ』ゲスト出演の結木滉星、横浜流星との“星コンビ”SHOT投稿でファンが大盛り上がり!

2/16(日) 10:41配信

ザテレビジョン

清野菜名&横浜流星W主演ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜夜10:30⁻11:25、日本テレビ系)にゲスト出演する結木滉星が2月16日、自身の公式Instagramで横浜との2SHOTをアップした。

【写真を見る】直輝(横浜流星)は陽一(結木滉星)に「人殺しましたよね?」と詰め寄り…!

結木は現在公開中の映画「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」に“パトレン1号/朝加圭一郎”役で出演中。一方の横浜も、スーパー戦隊シリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014-2015年、テレビ朝日系)で“トッキュウ4号/ヒカリ”役を演じており、さらに2人とも名前に“星”が入っている。そんな2人がキメキメにポーズを決めた2SHOTに、ファンからさっそく大きな反響が上がっている。

■ 「#戦隊コンビ」「#星コンビ」

現在、ドラマ「シロクロ」で“飼育員さん”こと森島直輝を演じている横浜。清野演じるミスパンダとのコンビで世間のグレーな物事に見事なアクションでシロクロつける展開が「スカッとする!」と好評だ。

結木は、そんな同作に5話からゲスト出演中。7年前のショッピングモール爆破事件で弟を失った被害者遺族・陽一を演じている。5話では、モール爆破事件の犯人とされていた浜口死刑囚が殺害された。ミスパンダは死刑囚殺害容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われることに…。

16日放送の6話では、直輝が偽のミスパンダと偽飼育員さんを突き止めようと策を練る。死刑囚が殺された日時にアリバイのない陽一に、直輝は「人殺しましたよね?」と詰め寄る。突然向けられた疑いの目に、陽一は…!?

そんな緊張感高まる6話放送を前に、結木は主演・横浜との2ショットを公開した。2人がそれぞれビシッとポーズを決め、精かんな笑顔でカメラを見つめた一枚だ。

この投稿には、「偽パンダ、偽飼育員の正体。明らかになります。是非見てください!!」のメッセージとともに「#戦隊コンビ」「#トッキュウジャー」「#パトレンジャー」「#横浜流星」「#結木滉星」「#星コンビ」のハッシュタグが添えられた。

■ 「今最も旬な戦隊ヒーローコラボ!!」

結木は、スーパー戦隊シリーズ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(2018-2019年、テレビ朝日系)でパトレン1号/朝加圭一郎役を好演。現在は、映画「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」として公開中と、今最も旬な戦隊ヒーロー俳優のひとりだ。

一方、横浜は「烈車戦隊トッキュウジャー」(2014-2015年、テレビ朝日系)にトッキュウ4号/ヒカリ役で出演していた。

ともに名前に“星”の字が入るなど共通点が多い2人のとっておきSHOTに、ファンからはさっそく「トッキュウ4号とパトレン1号…今最も旬な戦隊ヒーローコラボ!!」「“星コンビ”最高です!!」「キメポーズ交換してるのがエモい!!」「素敵な写真をありがとう!」といった喜びの声が飛び交っている。

■ 「シロクロ」6話、飼育員さんの運命は?

何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。だが、ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。

直輝は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。

一方、門田(山崎樹範)が殺されたことで、レン(清野)は大きなショックを受けていた。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。

そして神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。

神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。

そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――!

(ザテレビジョン)

最終更新:2/16(日) 10:41
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事