ここから本文です

弘中綾香アナのタイプはのび太「でも、木村拓哉さんに会いたかった」

2/16(日) 20:27配信

ザテレビジョン

「映画ドラえもん のび太の新恐竜」の完成披露試写会が東京国際フォーラムで行われ、スペシャルサポーターを務めるサバンナ・高橋茂雄とテレビ朝日の弘中綾香アナが登壇。弘中はドラミの衣装でMCも担当した。

【写真を見る】弘中綾香アナはドラミちゃんコスで登場し、イベントのMCも務めた

ふたりのあいさつに続いて、ドラえもんやのび太、しずか、ジャイアン、スネ夫がステージに登場。客席に集まった子どもたちから大きな歓声が起こった。

だが、弘中は「ゲスト声優の木村拓哉さんに会えると思って、張り切って来たんですけど…」と言い、スネ夫が「ちょ、待てよ!」と返すひと幕も。

既に映画を見たという高橋が「すごく面白かった!」と言うと、キャラクターたちは大喜び。スネ夫は「僕も活躍してたでしょ?」と言うが、高橋は「そんなに活躍してたっけ?」と返しつつ「あー、あった、あった! かっこいいとこもあったわ!」とフォローした。

続いて、しずかが弘中に「バレンタインデーは誰かにチョコをあげましたか?」と質問。

弘中は「私は立派な大人なので、義理チョコをたくさん配りました!」と答え、それを受けて高橋は「僕はうどん屋のおばちゃんがくれました(笑)」と苦笑した。

さらに、スネ夫が「弘中さんが僕たちの中で一番かっこよくてタイプだと思うのは誰ですか?」と尋ね、ジャイアンが「俺様に決まってるだろ。ここで男らしさを示すために1曲…」と言うと、壇上の面々が一斉に制止。

弘中は「ここぞで頼れるのび太くん!」と答え、ジャイアンから「テスト0点だよ」とツッコまれるが「私が全部教えます!」と宣言した。

■ 弘中アナ「のび太くんがいつにも増してかっこよかった!」

そんなやり取りの最中、場内には恐竜の近付いてくる不気味な足音が…。ステージにティラノザウルスが現れ、キャラクターたちは悲鳴を上げて逃げまどう。

タイムパトロール隊が、ドラえもんの秘密兵器の「誰とでも友だちになれるチョコ」をティラノザウルスに食べさせて一件落着した。

ティラノザウルスが去った後には、今井一暁監督が登場。高橋が「恐竜が出てくるシーンがめちゃくちゃ迫力ありました」と言うと「あのシーンは大変でした。のび太くんが恐竜の卵をかえすんですけど、あれがにわとりの卵だったらどれだけ楽だったか」と笑わせ、ドラえもんから「それじゃ、映画にならないもんね」とツッコみが。

弘中が「のび太くんがいつにも増してかっこよかったですね」と言い、高橋も「僕も運動神経が悪いから、のび太がかっこよかったのが響いた」と称賛。

監督も「何の取り柄もないけど、優しいのび太くんみたいな子が主人公で本当に良かったと思います」と感謝の言葉を掛けた。

「映画ドラえもん」シリーズの第40作となる今作は、第1作「映画ドラえもん のび太の恐竜」(1980年)とは違ったオリジナルストーリー。

のび太が卵からかえした双子の恐竜・キューとミューの仲間たちを探して、6600万年前の白亜紀の時代で冒険を繰り広げる物語が描かれる。

3月6日(金)より全国東宝系にてロードショー公開。(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

最終更新:2/18(火) 11:28
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ