ここから本文です

クロップ監督、シティ2年間CL出場停止で持論 「ペップと選手たちに同情している」

2/16(日) 14:30配信

Football ZONE web

ファイナンシャル・フェアプレーへの抵触、シティがUEFA主催大会で2年間出場停止に

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ファイナンシャル・フェアプレーへの抵触でUEFA主催大会の2年間出場禁止処分を受けたマンチェスター・シティを率いるペップ・グアルディオラ監督に同情している。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

 UEFA公式サイトによると、シティは2012年から16年にかけて提出したスポンサー費について過大な計上があり、FFP規則の「重大な違反を犯したことを発見した」と発表された。これを受け、2020-21シーズンから2年間、UEFA主催大会への出場禁止処分が下された。

 現在プレミアリーグ2位のシティはこのままシーズンを終えても、本来与えられるUEFAチャンピオンズリーグ出場権も手にすることはできない。さらにプレミアリーグからの処分次第では、最悪の場合4部リーグまで降格する可能性があるとまで伝えられている。

「(処分を)聞いた時はショックだった」というクロップ監督だが、「監督として私が言えるのはペップ・グアルディオラ監督の下でマンチェスター・シティはセンセーショナルなフットボールをしていたということだ。私は常に彼の仕事や彼らのプレーに感服していた」とシティが素晴らしいチームであることを称賛。そして同業者であるグアルディオラ監督や選手の心情を慮った。

「正直にいえば、ペップと選手たちに同情している。彼らは何も間違ったことはしていない。彼らは単にフットボールをしていただけだ。センセーショナルなフットボールだ。ペップはそれぞれのリーグでフットボールを向上させた」

 渦中のシティは処分に対して、CAS(スポーツ仲裁裁判所)へ異議申し立ての意向を示しているが、その一方でペップの退任や主力選手の流出なども懸念されている。今後の動向に注目だ。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/16(日) 15:21
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ