ここから本文です

評価ではなく肯定。自己肯定感に欠かせない「信頼できる他人」の存在

2/17(月) 6:31配信

ライフハッカー[日本版]

『NOを言える人になる 他人のルールに縛られず、自分のルールで生きる方法』(鈴木裕介 著、アスコム)の著者は、内科医・心療内科医であると同時に、医療職のメンタルヘルス支援活動など「生きづらさ」を抱える人たちの話を聞いてきたという人物。

その結果、ふだん普通に生活しているように見えても、心の多くに生きづらさを抱えながら、それを隠してギリギリで生きている人が相当数いるのだろうと実感しているのだとか。

たとえば、大切な人と死別し、悲しみでやりきれなくなってしまったとしても、「この喪失の経験から得たものを、誰か他の人の役に立てよう」と思うことができれば、人は、また前に進むことができます。

起こった出来事に対して、主観的に自分が納得できるような意味づけをしていくことで、挫折から前向きに立ち直ったり、成功体験を自信に変えることができるわけです。(「はじめに」より)

そして自分の物語に納得することは、自己を肯定することと同義だといいます。

ありのままの自分の人生を「これでいい」と肯定できれば、自分の価値観やルールを軸として生きていけるということ。

だからこそ、自分の物語をつくることはとても重要。そして、自分の感情に素直になるべき。

感じたままの感情だけが、自分に起き他出来事に納得するための解釈をもたらしてくれるということです。

そうした考え方に基づく本書のなかから、きょうはcontents④「NOを言う勇気と自己肯定感<編>」に注目してみたいと思います。

自己肯定感と自己評価の違い

著者によれば、自己肯定感とは「なにはなくとも、自分は自分であって大丈夫」という感覚のこと。

たとえ欠損や欠点だらけでも、誇れるものがなくても、そんな自分自身を丸ごと受け入れ、愛することができる。 それが自己肯定感だ。(197ページより)

とはいえ自己肯定感を持てずにいる人が、この感覚をきちんと理解することは難しいはず。

特に自己肯定感は自己評価と混同されがちで、「自己肯定感を持つこと」=「自己評価が上がること」と思っている人は少なくないのだといいます。

ちなみに自己評価とは、自分の能力、仕事の成果や努力、容姿などに対し、外部から取り込んだ一定の価値基準(物差し)をもとに、自分自身が下す評価(ジャッジ)のこと。

「私は優れた人間である」「私は美しい」「~を成し遂げた私の人生には価値がある」、あるいは「私は劣った人間である」「私は醜い」「なにも成し遂げなかった私の人生には価値がない」などは、いずれも自己評価にあたるわけです。

なお、「なにごとにも100点満点を取らないと許されない」など、厳しく評価される環境で育った人は、自己評価の基準も厳しくなりがち。

その結果、どれほど努力していい結果を出したとしても、他人からどれほど評価されたとしても、「自分はまだまだだ」と思ってしまうため、自己評価が低くなりやすいのです。

仮に厳しい評価を下すのが他人であったとすれば、その人と距離を置き、その人のことばが耳に入らないようにすればいいだけ。

ところが評価を下すのが自分自身だと、そういうわけにもいかないだけに厄介。

しかも自己評価が低いと、「自分なんてダメだ」「なにをやっても無駄だ」といった気持ちになりやすいので、自己肯定感も持ちづらくなってしまうことに。(196ページより)

1/2ページ

最終更新:2/18(火) 12:31
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事