ここから本文です

藤沢市長選、現職の鈴木氏が3選

2/17(月) 11:11配信

政治山

 任期満了に伴う藤沢市長選(神奈川県)は16日投開票され、無所属現職の鈴木恒夫氏(70)が5万9314票(得票率57.4%)を獲得し、無所属新人で元衆院議員の水戸将史氏(57)と無所属新人で元県議の加藤なを子氏(61)=共産推薦=を退けて、3選を果たしました。

 鈴木氏は藤沢市生まれ、早大教育学部卒。民間企業勤務を経て、藤沢市議を4期、神奈川県議を5期務めました。2012年藤沢市長選に初当選、3期目の任期は2月26日から4年間です。

 当日有権者数は35万6549人。投票率は前回(2016年)を1.46ポイント上回る29.27%でした。

 藤沢市は、2015(平成27)年の国勢調査によると、総人口は42万3894人で、人口増減率がプラス3.48%、平均年齢は44.51歳で全国187位、県内5位です。総務省の「地方財政状況調査」(2016年)では、予算規模は歳入が1445億4960万円、歳出が1398億8379万円です。

最終更新:2/17(月) 11:11
政治山

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ