ここから本文です

難民2万人が詰め込まれたギリシャ・レスボス島、欧州の玄関口で一触即発の危機

2/17(月) 15:34配信

ニューズウィーク日本版

欧州を目指す難民の玄関口であるギリシャ東部レスボス島のモリア難民キャンプで2月3日、治安当局と難民の衝突が発生した。

【動画】抗議運動する難民に催涙ガスを投げるギリシャの治安当局

2万人が暮らす劣悪な環境と遅々として進まない難民申請手続きへの抗議運動が激化し、治安部隊が投入されたのだ。

その後も難民の流入は続いており、国連はギリシャ政府に難民の一部を本土に移動させるよう要請している。

<2020年2月25日号掲載>

最終更新:2/17(月) 15:34
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ