ここから本文です

パリジェンヌのデートスタイル。

2/17(月) 12:06配信

フィガロジャポン

パリで暮らすパリジェンヌのリアルなスタイルを紹介する連載「パリジェンヌファイル」。今月は俳優として活躍するアマンディーヌがデートスタイルやお気に入りのアイテムを紹介。まずはデートスタイル3ルックから。

アマンディーヌのデートスタイルを拝見!

デートに行く時は、シチュエーションによってスタイルを変えるというアマンディーヌ。初めてのデートなら、少しだけコケティッシュでフレッシュな印象に。夜のディナーには、透け感のあるエアリーなドレスを選んで、フェミニンな雰囲気に仕上げたり。相手をハッとさせるような演出が楽しいし、なにを着ようか考える時間から幸せのアドレナリンがでて少しだけ綺麗になれる気がするのだとか。
「でも現実には、春から始まるお芝居の稽古で連日忙しくて、ボーイフレンドとゆっくり会う時間もないんです。だから、今日は妄想デートのコーディネートができて、気分が上がりました。仕事が落ち着いたら思いっきりおしゃれしてデートを楽しみたい!」

妄想の3つのデートスタイル。

ヌーベルバーグ風のブラックスタイル|
ヌーベルバーグが大好きな彼女が、愛してやまないアンナ・カリーナ風のルック。白襟のボディは、アリス &オリビア(www.aliceandolivia.com)、ショートパンツはザラ、ミュウミュウの靴とベレー帽を合わせて。

表情豊かなエアリードレス|
仏ブランドのベレール(www.belair-paris.fr)のドレスは、アシンメトリーな裾のラインが動くたびにエアリーな表情を作りだすのがお気に入り。ストラップシューズはミュウミュウで購入。

フレッシュな気分のミニドレス|
ザ クープルズ(www.thekooples.com)のミニドレスは普段はブーツにライダースを合わせてメンズっぽく着こなすのが定番だけど、デートの時はストラップシューズでキュートにアレンジ。

<Amandine Noworyta>
ワインで有名なフランス南西部のサンテミリオン生まれの27歳。スカウトがきっかけで15歳からモデルを始め、18歳でパリ20区の歴史ある演劇スクールCours Florentで学ぶ。現在はデニス・ベリーと共演するなど舞台を中心に活躍し、3月からGymnase劇場にて”A vos souhaits“がスタート。愛猫Mikadoと暮らしている。
Instagram:@noworytaamandine

<Hiroko Suzuki>
パリ在住のスタイリスト、ライター、ファッションコンサルタント。日本でスタイリストとしてキャリアをスタートし、渡仏。その後、長年にわたり「フィガロジャポン」をはじめ、さまざまなメディアでモードや旅などの最新情報を届ける。Instagram : @suzukichako

photos:AYUMI SHINO, realisation : HIROKO SUZUKI

最終更新:2/17(月) 12:06
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ