ここから本文です

資産150億の72歳長女 お金があっても幸せじゃないと語る理由

2/17(月) 11:06配信

女性自身

矢野孝子さん(72)は、大阪の中津エリアを中心に、11棟の高層マンションを所有する「北村」ほか、グループ会社5社の代表取締役社長を務めている。事業は全て順風満帆。会社の総資産は150億円余! さらには、一般財団法人「南蛮文化館」の館長で、宗教法人「穂積山心願院」院主、住宅型有料老人ホーム「シニアスタイル尼崎」のオーナーでもある。

「人生を謳歌されているのでしょうね」という記者のぶしつけな問いに、大きな椅子に身を沈めた孝子さんは、小首をかしげて、独り言のようにこう答えた。

「いくらお金があっても、幸せ、ちゃうねん。でも、不幸せともちゃうねん」

孝子さんは、結婚経験がなく、子供なし――。29歳の時、子宮筋腫になり、子宮を全摘出している。

今は、母たちと囲むささやかな夕食が楽しい。そう語った孝子さんの半生を辿ろう。

孝子さんの旧姓は北村だ。北村家は、枯山水を配した千坪もの敷地に650坪の本宅と350坪の離れが並び立つ旧家だった。しかし、病気で子宮を全摘出したことで“北村家の跡を継ぐという使命は終わった”と、孝子さんは語る。そして、孝子さんの妹が無事に男の子を出産した頃のこと。今度は、伯母2人の介護をほとんど孝子さん1人で行うことに。認知症の伯母の徘徊に付き合いおしめを変え、頼み込まれて伯母の養女となり、矢野姓を名乗ることになった孝子さん。自分の時間を取れない日々が続いた。

そのころ父親も、目に見えて、体が弱ってきていた。

子供を産めなくなって、長らく息をひそめていた北村家の長女の矜持がここで再び、目を覚ます。

「矢野家の財産相続でもめたおかげで、私には、父の事業と財産を守るという大切な仕事があるという思いが一層、強くなりました」

父自身、両親の遺産を相続したときは、莫大な相続税が払えず、たくさんの土地を物納で支払った。そこで、孝子さんは何十億円もの借金をし、父の広大な土地に高層マンションを建てる決心をする。

「そうすれば、父に、もしものことがあっても、借金分だけ相続税は安くなる。最難関は父の説得でした。父は借金も、高層マンションも大嫌いでしたから」

1年がかりで父を説得し、ノーズヴィレッジ壱番館、弐番館が完成したのも07年。最初の会社「北村」を設立して、父が代表取締役に就任。中津の高層マンション王への第一歩を踏み出した。

09年のクリスマスイブの朝、伯母のヘルパーから電話が入った。

「矢野の奥さまが今朝、ベッドから落ちて亡くなっていました……」

30代後半から、女盛りの20余年を2人の伯母の介護に費やして、彼女は61歳になっていた。その5ヶ月前には、父・芳郎さんも89歳で天に召された。

「父が亡くなった時、文化館を閉めて、収蔵品を美術館へ寄付することも考えました。でも、父が道を作り、私の生きがいを作ってくれたおかげで今の私がある。そう気づいて、相続税を払って、父の遺志を守ることにしました。ここ(南蛮文化館)に来て、父のコレクションを眺めていると、手に入れたときの父の幸せそうな顔を思い出して、涙が出そうになるんですよ」

孝子さんは常に、自分ではない誰かのために動いてきた。父のため、家族のために尽力して、今になってようやく自分らしいシングルライフを満喫している。

「この人生でやり残したことは、ただ1つ。結婚して、子供を産みたかった」

今の楽しみは、母と妹夫婦とともに食卓を囲むこと。それから自宅に戻って、一人静かに焼酎を飲む。それがいちばんゆったりできる時間なのだと、孝子さんは語った。

「女性自身」2020年2月25日号 掲載

最終更新:2/18(火) 8:24
女性自身

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ