ここから本文です

高まる八村人気にウィザーズが精力的な動き。海外紙が絶賛するバスケ界での“ルイ効果”とは?

2/17(月) 16:12配信

THE DIGEST

 2月14日(日本時間15日、日付は以下同)に行なわれたオールスターのライジングスターズ・チャレンジ。この試合に日本人として初出場した八村塁(ワシントン・ウィザーズ)は、先発センターとしてコートに立ち、14得点、7リバウンド、4アシストを残した。

【動画】“日本人初”のオールスター出場!八村の『ライジングスターズ』ハイライトはこちら

 ウィザーズは昨年のドラフト1巡目9位で八村をドラフト指名後、『NEC』とのグローバルパートナーシップ契約を締結。そして日本語版の公式サイトとツイッターアカウントを開設した。

 これまで、NBAでは数多くの外国籍出身選手がプレーしてきたが、1人の選手が入団してその選手の母国語によるサブアカウントを立ち上げたのは前代未聞のことだった。

 シーズン開幕から約4か月が経過し、ウィザーズの日本語版公式ツイッターのフォロワー数は3万6,460人(17日午前10時時点)。八村の独占インタビューに加えて、スコット・ブルックス・ヘッドコーチやブラッドリー・ビールを筆頭とする選手たちの八村評など、さまざまなコンテンツを提供している。
 
 そしてライジングスターズの第4クォーター残り約2分には、世界へ向けて八村とこのアカウントが発信されていた。

「今日は日本でたくさんの人たちがこの試合を観ています。“ザイオン(ウィリアムソン/ニューオリンズ・ペリカンズ)効果”はご存知かと思いますが、今、日本では“ルイ効果”が全開だそうです。彼がどれだけ人気があるかというと、ウィザーズのソーシャルメディアのフォロワー数が、昨年度から77%も増えたとのことです。さらに、ウィザーズの日本語版アカウントは、他のNBAチームのツイッターと比較しても、ここ2か月間で総インタラクション(相互作用)が全体で24位。(日本語のアカウントは)サブアカウントながら、NBAの6チームの公式アカウントよりもインタラクション数が多いんです。八村選手の人気を象徴していますね。彼は日本人初の(ドラフト)1巡目指名選手であり、ゴンザガ大で大活躍。(在学中に)英語も話せるようになりましたからね。素晴らしいストーリーです。もちろん、オールスター・ウィークエンドのライジングスターズ出場も、日本人として初めてのことです」
 

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 17:59
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事