ここから本文です

朝ドラ『スカーレット』が不倫よりも描きたかったもの

2/17(月) 21:00配信

BEST TIMES

 101作目の朝ドラ「スカーレット」も残すところひと月半となった。1月下旬には、ヒロインの夫・八郎とその弟子・三津の不倫未遂が描かれ、ハラハラした視聴者もいたようだ。

この記事の写真はこちら

 折りしも、現実世界では東出昌大・唐田えりかの不倫が騒がれていた時期。八郎と三津が接近していく展開には非難が飛び出し、ふたりが一線を越えることなく別れた結果には賞賛が寄せられたりした。現実の不倫騒ぎと重なったのは偶然とはいえ、メイン視聴者の関心を集めたうえで安心をもたらすという、この作品にとって幸運な流れだったといえる。

 ちなみに、朝ドラと不倫という意味では「カーネーション」の成功例がある。戦争で夫を亡くしたヒロインが妻子ある職人と恋に落ち、想いを伝え合いながらも、やはり寸止めで関係を断ち切った。そのクライマックスとなった第17週は「隠しきれない恋」と題され、すべての週のなかで最高の視聴率を記録、職人役の綾野剛がブレイクを果たした。

 ただ「スカーレット」の場合、ヒロインのモデルとされる陶芸家は、同じく陶芸家だった夫と離婚している。原因は夫と弟子の不倫であり、同業者夫婦ゆえの衝突だ。ドラマでは不倫を寸止めにした分、衝突のほうを強調することで乗り切った。いわば、恋愛仕様より芸術家仕様の話に舵を切ったわけだ。

 ところが、そのまま突き進むかと思いきや、ヒロインが陶芸家として大化けする転機とそこからの飛躍については存外あっさりと描いていた。物足りなかった、という視聴者の声も見かけたものだ。

 ではなぜ、こういうことになるかといえば、このドラマが他に描きたいものを持っているからだろう。それがよくわかったのが、ヒロインの妹・直子が同棲相手と一緒に家族を騙そうとする場面(第89話~90話)だ。妊娠したふりをしてお金を引き出そうとするのだが、企みが母にバレて、ケンカになる。

 しかし、険悪だったのは1、2分で、その30秒後には、仲直り。三姉妹と母が縁側でいちごを食べて語らいながら、お金も用立ててやることにするのである。

 この展開について、直子役の桜庭ななみはこう振り返っている。

「あの家族だから受け入れてくれるというか。普通怒られますけど、笑って、笑い飛ばしてくれたので」(2月7日「ごごナマ おいしい金曜日」)

 たしかに、一事が万事、こうなのだ。それは父・常治が生きていた頃から同じだ。この男は自己愛と家族愛がごっちゃになりやすく、また、自分の人生が思い通りにいかない分、家族を支配しようとするタイプ。ええかっこしいなくせに、甲斐性がなく、酒を飲んでちゃぶ台をひっくり返しては借金ばかり作っている。

 にもかかわらず、である。晩年こそ、いくぶん分別をわきまえるようになったものの、そうなる前から「不器用だけど愛情にあふれた憎めないキャラ」として家族内及びメイン視聴者のあいだに存在していた。それゆえ、亡くなったときは「常治ロス」に見舞われた人もいるようだ。

1/2ページ

最終更新:2/17(月) 21:00
BEST TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ