ここから本文です

2020年「暗号資産のレンディング」は有望な投資方法か?

2/17(月) 16:00配信 有料

幻冬舎ゴールドオンライン

「貸し株」に似ている「暗号資産レンディング」

幻冬舎ゴールドオンライン

2019年6月に130万円を一時突破したビットコインはその後、半年以上も価格が停滞。2020年2月12日に年初来高値を更新したが、年始から約90万円前後にて推移を続けている。特に直近の2ヵ月程度は値動きが10万円以下に収まり、変化の少ない焦れったい展開が続いている。このような状況下において、現物の長期保有者は特に行うことがなく、投資した資産は塩漬けの状態だ。そこで注目されるのが、現物を貸し出すことで金利収入を受け取ることができる「暗号資産のレンディング」である。本記事では、暗号資産情報サイト「ゴールから考えるFinteX」を運営するBULLヒロ氏が、2020年現在の相場環境において、暗号資産レンディングを行う価値はあるのかを考察する。 本文:1,998文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込165

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

BULLヒロ

最終更新:2/17(月) 16:00
幻冬舎ゴールドオンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ