ここから本文です

「正直、好きじゃない」久保建英、アシスト取り消しのVARに苦言!ストレートな発言にスペイン紙も注目

2/17(月) 18:59配信

SOCCER DIGEST Web

チームの公式インタビューで…

 マジョルカの久保建英が、自身のアシストを取り消したビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について私見を述べた。

【動画】見事なドリブルから絶妙のパス!久保建英“幻のアシスト”はこちらから

 2月15日に開催されたラ・リーガ第24節で、マジョルカはホームにアラベスを迎えた。

 クチョ・エルナンデスのゴールで1-0と4試合ぶりの勝利を飾ったこの試合で、5戦連続のベンチスタートとなった久保は、0-0で迎えた52分に途中出場。その2分後だった。
 
 クチョからパスを受けた久保が、ドリブルで左サイドを抉って折り返す。これを受けたMFダニ・ロドリゲスがネットを揺らし、先制ゴール。会場は歓喜に包まれ、選手たちも抱き合って喜びを表現した。

 だが、久保にパスを出す前にクチョにハンドがあったとして、VAR検証の結果、ゴールは無効に。63分にそのクチョが意地の一撃を見舞って勝点3を挙げたとはいえ、アシストが幻となってしまった日本代表MFには、思うところがあったようだ。

 試合後、チームの公式インタビューで次のように語っている。

「正直に言って、VARはクールじゃない。いつも何かが起きてないか確認するまで待たなければならず、ゴールを祝うことができない。決定まで2分ぐらいかかることもあり、個人的には好きではない」

 たびたび物議を醸しているVARについて、率直に意見を述べた18歳のコメントは、全国紙の『AS』が取り上げるなど、スペインでも小さくない注目を集めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2/17(月) 20:04
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事