ここから本文です

加部究のフットボール見聞録「駿足は本当に才能なのか?」

2/17(月) 21:21配信 有料

SOCCER DIGEST Web

陸上選手以外にも足が速くなりたい人は溢れている

以前は自他ともに認める鈍足だった岡崎も、杉本龍勇氏(元陸上選手)の指導を受けて走り方を改善。技術を知って変わった。(C)Rafa HUERTA

 名だたる日本のファンタジスタたちは、もしかすると駿足でなかったからこそ、全体を俯瞰でとらえる術を身につけたのかもしれない。ただし反面、クリスチアーノ・ロナウドもリオネル・メッシも、圧倒的なスピードでボールを運びながら味方の動きも敵の穴も見つけている。世界に目を転じれば、駿足とファンタジーはしっかりと共存している。

 実は陸上選手以外にも足が速くなりたい人は溢れている。おかげで現役アスリートなのに、引く手あまたで多忙を極める人がいる。和田賢一は、ビーチフラッグスで世界最高峰の全豪選手権で準優勝した。世界で2位は金字塔だが、それでも和田は敗因を探った。近所の公園で「10万回は繰り返した」というスタートダッシュでは圧倒した。

 しかし走りの部分が劣勢だった。当時100メートルのベストタイムは11秒8。なんとか10秒台で走りたくて、片っ端から陸上クラブなどに連絡をするが、返ってくる 本文:1,720文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購入履歴で確認できます。

最終更新:2/17(月) 21:21
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る

Yahoo! JAPAN 特設ページ